防災に備える最も大切なもの

今日は、毎年行われている地元連合自治会での防災訓練に参加してきました。

住んでいる方々も年々高齢化してきているように感じますが、全体では300人くらいの方々が集まっての訓練となりました。

 

 

地元消防団による放水訓練。

 

 

煙の中での避難訓練

 

 

区長の挨拶でもありましたが、災害の時に自分がやれることを考える事。そして地域との助け合いがとても重要になってくるという話は、私がいつも考えている事です。

 

 

災害への備えで大切なもの。

乾電池や、非常食、簡易トイレ、乾電池、バッテリーなんかよりも最も大切なもの、それは人とのつながりだと私は思います。

 

 

もちろん、自分の身は自分で守るという意識は必要ですし、防災用品を準備し援助が来るまでの時間を過ごせるように備える事も大切です。

 

 

しかし、やはり人とのつながりは一番の備えになると思います。

 

 

高齢化が進む地域においては、遠くに住んでいるご家族よりも近くにいる他人のほうが、必ず助けになるはずです。

近所の人たちが、その人の存在を知っているだけで、助けられることもあるはずです。

 

 

 

高齢者施設や障がい者施設においても同じです。

街の中で孤立した施設にならないように、街に開き、街に溶け込んでいく施設が結果的に高齢者や障がい者のためになると思います。

 

 

そんな関係性を普段の生活の中から自然とつくられる仕組みを考え、提案することが施設のためになると、いつも考えています。

 

 

 

地域には、様々な方がいます。どんな時にどんな形で助け合う事になるかもしれません。

災害時に最も大切なもの。今一度考える必要があるのかもしれません。

 

 

自然災害の多かった2018年となりましたが、今後もいつくるかわからない地震や災害のために意識を高めるきっかけとなりました。




地域とともに暮らす障がい者施設

今日は、相模原市にある障がい者施設「PAL ASUNARO」に伺ってきました。

 

 

施設がオープンして1年4か月が経過しましたが、内外ともに綺麗に維持されていて、設計に携わった者として本当に嬉しく思います。

 

 

 

 

 

1階は就労継続支援B型事業所として、日々様々な仕事をしています。地道な作業ですが、地域の方々から見られる作業場の環境は、それぞれのモチベーションをあげてくれます。

 

 

 

 

昼食の時間は東側の公園に面したダイニングで食事をしています。

 

 

 

 

 

2、3階はグループホームとなっており、東側の公園に向かってバルコニーが開放されています。

 

 

 

 

グループホームの内部は、皆が集まる食堂やプライベートの個室に生活感があり、とても暖かい雰囲気となっていて、中庭のデッキテラスの大きな窓がとても明るい空間を創ってくれています。

 

 

建物は人が使い始めると、活き活きと見えます。

障がい者の方々がもっともっと地域の方々と交流し、助け合えるような関係ができればすばらしいと思います。

 

 

塀やフェンスが無い障がい者施設が増える事で、より多くの方々に障がい者施設の存在を知ってもらい、分け隔ての無い社会になっていく事を願うばかりです。




高齢者の体力向上

今日は、体育の日という事で、各地で運動会や体育イベントの開催が多かったことと思います。

 

 

本日の読売新聞の第一面に「高齢者の体力 更に向上」という記事を拝見しました。

65歳以上の高齢者世代では、握力や、座った状態で柔軟性を測る前屈、6分間の歩行距離測定など6項目の成績を得点化し、65〜69歳の女性、70〜74歳の男女、75〜79歳の男女でいずれも合計点が過去最高となった。

 

との事。

 

 

 

 

要因として、高齢者には時間的、経済的な余裕があり、この世代向けのスポーツクラブの増加なども、この結果の後押しとなっているようです。

 

 

確かに身近にいる高齢者を見ていると、昔に比べて本当に元気な高齢者が多く、確実に体力の向上が進んでいると感じます。

 

 

また、健康への意識が高く、意識的に体を動かしたり、若いころのスポーツを継続していたりするケースは多いようです。

 

 

 

現在、設計中の高齢者のデイサービスセンターも、運動を中心としたプログラムで、地域の高齢者のニーズも増えていると言えます。

 

 

今後は、マシンリハでの運動や健康を意識した施設の需要は増えていくとともに、まだまだ高齢者の体力は向上していくものと感じています。

 




もう福祉施設は創らない

先日、社内で現在設計中の高齢者福祉施設の内装について議論となりました。

 

 

外観デザインでも内観デザインでも、利用者にとって居心地が良いものとはどのような空間でしょうか?

自分たちもそこで生活がしたい、誰もが行ってみたいと思うものを創造したいという想いで提案させていただくようにしています。

 

 

 

街を歩きふと見てみるとなんとなく高齢者施設って建物の外観で解ることが多いと思いませんか?

 

 

「なんだろう、中に何があるんだろう?」そう思ってもらえる施設でありたいと思っています。そうすることで、地域の方々やさまざまな方々が施設に立ち寄り、カフェでお話をしている。そんな光景が理想だと考えています。

 

 

(特別養護老人ホームグランドオーク百寿 OAK Cafe)

 

 

そこには自然に、近所の方が集まり、子ども達のたまり場となる。

入居する高齢者も同じようにカフェで飲食を楽しむことができる。

 

 

利用する様々な方に、居心地が良いと感じてもらえる空間は、そこで働く職員にとってもモチベーションをあげてくれる要因となっているのです。

 

 

(特別養護老人ホームグランドオーク百寿 エントランス)

 

 

私たちは、福祉施設のデザインをする上で常に意識する事。

それは、「福祉施設は創らない」という事です。

 

 

選定する建材やディテール、色彩など、一つ一つが空間の雰囲気を創る要素となります。

なので、デザインの参考は同種の施設にはありません。カフェであれば街中のカフェを参考にしますし、エントランスはホテルのロビーであっても良いと思います。

 

 

 

(PAL ASUNARO ダイニング)

 

 

もちろん、ソフトとハードが同じ考えで機能することが大切で、施設を運営していくうえで大切な事は、利用者の目線で考えるという事だと感じています。

 

 

「もう福祉施設は創らない」

そんな想いで日々空間を検討し、提案し続けていきたいと思います。

 




長崎の障害者支援施設 動画

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

「LOCAL STATION FLAT」の動画も完成しましたので

ぜひご覧ください。

 

実際に使っている様子が見れます。

 




| 1/264PAGES | >>



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode