2019年の仕事はじめ

2019年、本日より仕事はじめとなりました。

 

 

日比野設計では毎年恒例となっている新年の会で、今年の個人個人の目標や抱負を発表します。この新しい新年を迎え気持ちも新たにそれぞれが仕事に対して目標を持つことは大切です。

 

 

 

 

そして2019年のスタートを記念しての全員での集合写真です。(数名の欠席者もいますが・・・)

 

 

そのあとは、執行役員以上での新年祈願に行ってきました。

 

 

こうして、新しい年を皆で迎えられる事は本当に嬉しく思うと同時に身が引き締まる想いです。

 

 

年明けに行った熊野本宮大社の宮司が掲げた今年の一文字

 

 

 

 

「刻」(きざむ)の漢字です。

 

今年は年号も新たになり、改めて時を刻んでいく大きな年となり、新しき年の一文字として干支の「亥」を含んでいる「刻」を書いたとの事。

 

 

まさに私たちの活動も同じ事が言えます。

高齢者施設や障がい者施設が利用者に満足いただけるように、一つ一つを丁寧に創り上げていく事が、福祉や介護の分野を活性化させるとともに、皆が笑顔になれる場づくりを提案し続ける事だと思います。

 

 

2019年、今年もよろしくお願い申し上げます。




2019年、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

昨年中は様々な方々にお世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年、今年は平成が終わり新たな時代のスタートとなる年となります。

 

 

2020年の東京オリンピックに向けての準備や様々な整備は、世の中の動きと共にあわただしくなってきているように感じます。

 

 

また、消費税増税が10月からという事で、建築業界においても少なからず意識していく事となるはずです。

 

 

今年もまた、様々な方々の力をお借りしながら「福祉」や「介護」の施設整備の提案を続けていきたいと思っています。

 

 

昨今、福祉の世界は変わりつつあると実感しています。

それは、若手の理事長や先進的な取り組みをする若い経営者が増えてきていると感じているからです。

 

 

本当に頼もしい傾向だと思います。

地域に開いた高齢者施設や高齢者や障がい者の目線での施設整備やソフト面の改革など、新しい取り組みを進めようとする力があふれているように感じます。

 

 

高齢者施設や障がい者施設は生活の場です。

新しい取り組みというよりも当たり前の生活が保障される事が本質的な答えだと私は思います。

 

 

それは、健常者や若者でも同じ事で、住みたいと思う建築や落ち着く空間というのは共通な認識であり、どうしても施設整備や介護サービスという領域となると、既成概念が働いてしまう事があるのが事実です。

 

 

そこを脱皮し、いかにして普通の生活が提供できる空間やサービスが実現できるかという事です。

 

 

 

 

久しぶりに元日に寒川神社に初詣をしてまいりました。

本当に多くの人たちが集まっており、数名の知り合いとも顔を合わせる事となりました。

 

 

道行く方々がお互いに挨拶をかわし、お参りをする姿は、当たり前の事なのですが、日本人の文化の一部として、とても重要な事であると感じます。

 

 

お正月のそうした光景ですが、人とのつながりを感じ、その大切さを改めて感じる事ができました。

 

 

事務所のスタートは7日(月)となりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。




2018年の締めくくり

2018年の福祉施設研究所の活動は、27日をもって終了とさせていただきました。

 

 

年内最後の日は、毎年恒例になっている社屋の大掃除となります。

 

 

この日ばかりは、社員全員が参加して一年間お世話になった社屋に感謝の気持ちをもって掃除をします。

 

 

 

そして、大掃除のあとは、今年の締めくくりとしての納会を行い、今年のそれぞれの活動内容や反省点などを共有します。

 

 

本日は、金曜日ということもあり、それぞれの建設現場は作業が続いています。

 

 

現場の担当者はそれぞれ、最後の現場確認や打合せに動いてくれています。

 

 

 

私も、現在進行中の高齢者施設の現場確認と打合せに伺ってきました。

 

 

今日はとても寒い日となりましたが、職人さんたちは頑張ってくれています。本当に感謝です。

 

 

そういう意味で、今年も本当に多くの人と出会うことができました。

 

 

近年は遠方からの問い合わせも増え、出張に出かける機会も増えてきており、私たちの活動に期待していただく事に本当に嬉しく感じています。

 

 

その反面、責任も大きく感じており、一つ一つの建物に想いを込めて取り組んでいるのが現状です。

 

 

常に反省点もありますが、福祉施設の明るい未来を創っていきたいと思っています。

 

 

福祉施設のイメージを変えたい

利用者のための施設にしたい

地域との隔たりをなくしていきたい

 

 

そんな想いでこれからも創り続けていきたいと思います。

 

 

2018年、係わっていただいた方に本当に感謝いたします。

 

 

 

 

2019年は1月7日よりスタートさせていただきます。

ありがとうございました。




福祉の仕事の素晴らしさ

特別養護老人ホーム等の福祉施設は、建物の整備が出来たとしても、介護職員を集める事が大変だとよく耳にします。

 

 

福祉や介護の仕事のイメージは、「きつい」「汚い」「危険」といった事に加え「給料が安い」「結婚ができない」などの5Kといわれて職業としての人気はとても低いのが現状です。

 

 

「あおいとりの贈り物」という一冊の本があります。

 

 

 

 

社会福祉法人相模福祉村の赤間源太郎理事長が書いた、介護現場のエピソードを紹介する本です。

 

 

 

とても感動の一冊です。福祉の仕事の素晴らしさが詰まったこの本では、相模福祉村で働く介護職員の体験談をありのまま表現し、その人間味あふれる感動のエピソードが描かれています。

 

 

 

「福祉」「介護」といった仕事は確かにきついのかもしれません、でもそういった難しい仕事環境の中に、人間と人間のドラマがあり、本当の福祉の素晴らしい世界があるのだと思います。

 

 

 

相模原は近年、障がい者施設、やまゆり園の殺傷事件という衝撃的な事件で話題になり、「福祉」に対するネガティブな印象があることも確かです。

 

 

だから、相模原で活動する福祉施設の方々の体験談は、心に残るのも事実です。

 

 

 

「福祉」の仕事の実態はまだまだ認知されていない事が多く、間違ったイメージが浸透しているように感じています。また、福祉の仕事の素晴らしさを伝えるこうした本やツールはまだまだ少ないのが現状です。

 

 

もっともっと発信し、福祉の魅力が伝わっていけば、若い人達のあこがれの職業として「福祉」のイメージは変わっていくのではと思います。

 




地域に根差す福祉施設が着手

神奈川県内で設計を進めてきた福祉施設が、無事着工の運びとなりました。

 

 

建物の規模としては小規模ですが、地域と共に歩むことを大前提に、地域の高齢者の方々が集う場所になればと考えています。

 

 

 

 

 

先週、地鎮祭が行われ工事の安全を祈願いたしました。

 

 

 

 

地鎮祭から一週間が経過した本日は、仮囲い、根切工事が完了している状況です。

 

 

そして、1回目の定例会議が、事業者と設計者、施工者の3者で行われました。

 

 

いつも感じる事ですが、建物を立ち上げるにあたって、事業主、設計者、施工者は目的を一つにしたプロジェクトチームだと思っています。もちろんそれぞれ立場は違いますが、それぞれがそれぞれの役割を全力で果たしてこそ良い建物ができるものと思っています。

 

 

地域の高齢者や子ども達、多世代の方々が、気軽に立ち寄ってくれる、そんな場所を想像し、無事に工事がスタートできた事が本当に嬉しいと思うと同時に身が引き締まる想いです。

 

 

約半年間の工事となりますが、事業主の想いを私達なりにアレンジしながら、頑張っていきたいと思います。




| 1/267PAGES | >>



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode