認知症高齢者と旅

「認知症の人にとって旅はリハビリ・・・・」

 

 

(NEWSポストセブンより)

 

 

認知症の方にとって旅をすることは、心のリフレッシュになるという記事です。

 

 

NPO法人日本トラベルヘルパー協会という、高齢者や認知症の方が旅をしたり外出したりするツアーの企画やお手伝いをする団体の代表者の体験談が紹介されているのですが、まさに私達が普段から言っている事です。

 

 

普段の生活から離れ、いろいろなところに旅をすることで、リフレッシュになったり、頭がスッキリしたりという効果は認知症の方にとって特に良い刺激になるという事です。

 

 

旅をすることは健常者にとっても同じ事で、気持ちが上向きになったり、モチベーションが上がったり、少なくとも心にゆとりが出来てリフレッシュできるものです。

 

 

障がい者や高齢者の方々にとってもこれは同じで、ちょっとした外出であっても、そうした効果があるようです。

 

 

「他人に迷惑がかかるから」

日本人の高齢者が強く感じている事です。

 

 

高齢者になって介護が必要になっても、旅に出るという事はそれなりに廻りの手助けが必要であったり、助けてもらわないと実際には難しいところです。

 

 

少しの外出でも良いのです。

施設の内部でもいつもと違った場所に行くのでも良いのです。

 

 

私達ができる事。建築の力でできる事は有ると思っています。

障がい者や高齢者の方々が、少しでもそのような気持ちになりリフレッシュした気持ちで明日を迎えられればどんなに充実した生活になるでしょうか。

 

 

日々、そんな事を考えながら提案し続けていきたいと考えています。




認知症の方と地域の繋がり

昨日は、町田市で開催された「RUN伴まちだ」に行ってきました。

 

 

 

RUN伴とは、今まで認知症の人と接点が無かった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するというイベントで、2011年から開催されているものです。

 

 

認知症の人との出会いが無かったために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域住民も喜びや達成感を共有する事で認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人である事を実感してもらおうという趣旨があります。

 

 

 

全国各地で開催されているイベントで、達成感を味わうすばらしいイベントだと感じました。

 

 

イベントには、様々な団体がブースを構え、認知症に関する取り込みの紹介や体験などが行えるコーナーが設置され、認知症の方々と身近に触れ合えるようになっています。

 

 

あと、話題の「注文をまちがえるカフェ」も会場の一角に出店しており、この日はスターバックスコーヒーとのコラボでコーヒーとスコーンを提供していました。

 

 

 

 

コーヒーと紅茶で飲み物は3種類、スコーンは味の違いで3種類のメニュー構成で、実際に注文

してみましたが、特に間違えはありませんでした。(笑)

 

 

 

でも提供する順番を間違えそうになり、注意をしながらの作業で、ボランティアスタッフや認知症の方の中であたたかい空気感がありました。

 

 

その他にも地域住民が楽しめるミニコンサートや、サッカーJリーグの町田ゼルビアによるサッカー教室など参加できる事を意識した企画があり、来場者も一日楽しめるイベントでした。

 

 

私達は、普段認知症の方と話す事もなければ一緒に何かをする機会もありません。認知症に対するマイナスイメージを変えていくという意味ではすばらしいイベントだと感じました。




敬老の日

今日の祝日は「敬老の日」です。

国民の祝日に関する法律においては「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としているものです。

 

 

 

 

しかし、おおよその場合、祝日の中でも「敬老の日」というのは、関心が薄いのではないでしょうか?

 

 

そもそもなぜこの第三月曜日が「敬老の日」になったのかという事も実ははっきりとした答えは無いようです。

 

 

今日の読売新聞第一面で、人口推計65歳以上の高齢者が最多の3514万人となり、総人口に占める割合は27.7%となり過去最高を記録したとの事が掲載されていました。

 

 

90歳以上の人口も過去最高になったり、働く高齢者は13年連続で増えたとの事で、高齢化率も伸びてはいますが、同時に元気な高齢者の割合も増加しているという事になります。

 

 

一見、高齢化率がどんどんと伸びているというネガティブな記事になるのですが、このように元気な高齢者も確実に増えているという事は超高齢社会をポジティブにとらえる側面もあるのではと考えます。

 

 

人生、長生きをする事。そして長い間元気に過ごす事。これは誰もが求める事だと思います。そんな社会をもっと盛り上げていくためには、若い世代との交流やコミュニケーションの大切さは改めて感じるところです。

 

 

こうした「敬老の日」や何がきっかけでもいいのです。ご近所や地域の方々とのコミュニケーションを出来る限り多く取る事が長生きに繋がります。そのようなきっかけづくりがより重要になってくるのではと感じました。




地元で暮らせない高齢者の現状

「育ってきた地元で暮らしたい」

現代社会においての永遠のテーマではないでしょうか。

 

 

(沖縄タイムスより)

 

 

本日のインターネットニュースでの記事です。

沖縄の離島で暮らす高齢者が地元を離れてくらさなければいけないという状況が、介護施設や病院の問題から発生しているようです。とても考えさせられる内容です。

 

 

若い人たちであれば、新しい場所での生活は新鮮で刺激があって良いのかもしれませんが、80歳を超え、人生の終盤において行った事もない場所で慣れない生活をおくるという現状を誰が望むでしょうか?

 

 

こうした問題は、はたして介護施設や病院の整備だけの問題なのでしょうか?

 

 

日本の社会では、核家族化が進み田舎で暮らす高齢者の親族は、遠くの都心部に住んでいるという状況の家庭は多いと思います。

 

 

そうした状況においても安心した田舎暮らしができれば高齢者にとっても良い事なのではないでしょうか。

 

 

安心して暮らすには、やはり近隣の皆さんや地域の方々のささえが重要になるという事です。特に都心部においては近隣や地域同士の関係性が薄れ、助け合いの考えが弱いという事です。

 

 

インターネットが普及し、人を頼らずにどんな事でも出来るようになった世の中。どうしても薄れていくのが人間関係なのだと感じてしまいます。

 

 

せめて、高齢者施設や障がい者施設ができる事で何か、そうした地域と個人の関係性を繋げていく取組みができないかと常に考えています。

 

 

地域の方々、多世代が交流する事で顔見知りができ、ネットワークが太くなっていき、困ったときには助け合いの精神が芽生え、それが安心した老後の生活を支えていくのだと思います。

 

 

私達は、建築設計という立場ですが、一つの空間がそんなきっかけをつくったり、人に与える影響は大きいと感じています。一つでも多くの場所が増えていく事、それが高齢者の安心の生活につながると考えています。




高知での福祉施設プロジェクト

先日、高知の福祉施設プロジェクトの打合せで現地に伺ってきました。

 

 

こちらのプロジェクトは数年前から相談をいただいている法人さんで、高知の郊外とはいえ、土地の確保の段階でさまざまな事で苦労されています。

 

 

 

 

そして今回候補地として案内された場所がこちらです。

 

 

周辺には野菜を作るビニールハウスが並び、敷地となる場所は稲で覆われていました。

 

 

 

 

田舎町出身の私にとってはとても癒される景色。

 

 

こんな場所に障がい者の入所施設と高齢者の小規模多機能施設を移転してくるという計画です。

 

 

実現する事ができれば本当にすばらしい環境での生活ができる施設になると思います。

 

 

こうした地方都市においての土地取得は、まとまった土地が点在していて価格も安価で、難しくないと考えるのですが、実はそうでも無いというのが事実です。

 

 

神奈川県や東京都のような都心部においては、まとまった敷地が少ないという事と地価が高すぎるという理由があるのですが、地方都市での土地取得の難しさの理由は別にあります。

 

 

都市計画法、建築基準法の問題なのですが、「都市計画区域外」といって都市を創っていく計画すら無い区域で、法的な縛りがほとんど無いという状況なのです。

 

 

都心部のように都市計画区域内の市街化調整区域であれば、一般の建築物の建設は制限されているのですが、こうした場所では制限がかからない為、住宅を建てたりその他の建築を建てることが可能となります。

 

 

そのため、さまざまな活用が出来たり可能性が残された土地となり、将来的に親族の事を考えて土地を手放したくないという考え方が出てきてしまうのです。

 

 

少し長丁場になりそうですが、少しづつプロジェクトが進んでいき、老朽化した建物から一刻も早く、安心して暮らせる場所に移る事が出来ればと願うばかりです。




第11回キッズデザイン賞受賞

先日、キッズデザイン賞2017の発表がありました。

キッズデザインという事で、子ども関連の賞になるわけで、私たちの幼児の城ブログでも報告させていただいたとおりです。

 

→幼児の城ブログ

 

 

私達、福祉施設研究所においての子ども関連施設というと、障がいを持った子ども達が通う児童発達支援センターです。

 

 

昨年、相模原市で完成しました「児童発達支援センター青い鳥」についても今回のキッズデザイン賞を受賞することができました。

 

 

 

 

障がい者施設というと、閉鎖的で安全第一で考える事が多いのですが、私たちはここに来る子ども達が、様々な体験をすることで五感を育み、人とのコミュケーションや思いやり、地域との係り等、社会生活において最も大切な事を自然に学べる場所を創りました。

 

 

 

 

 

開放感のあるランチルームは、見える厨房や野菜を育てる菜園が隣接しており子ども達が食について興味を持つ場所となっています。

 

 

 

 

施設内は回廊となっており、子ども達の遊び場を各所に点在させることで好奇心や探求心を引出す仕組みとなっています。

 

 

私達の活動は、さまざまな賞を取るためではありません。

第一に法人とコンセプトを共有しながら利用する子ども達やお年寄り、障がい者のための施設づくりを考えています。

 

 

ここであれば、障がいを持った子ども達が次のステップに進むために一つでも多くの事を学び発見することで自信につながっっていけばと考えています。

 

 

しかし、建築は自己満足だけで終わってしまってはいけません。結果的にオーナーの皆様や私たちの活動が、第三者に評価されたという事は本当に嬉しい事です。

 

 

関係者の皆様、ありがとうございました。




特別養護老人ホームの完了検査

昨日は、三浦市で進めてきました「特別養護老人ホーム遊楽の丘」の検査に立ち会ってきました。

 

 

工事が完了し法的な検査を全て完了して、建物が使用できる形になって引渡しとなるのですが、この検査はその後に神奈川県による補助金の検査及び施設認可のための検査となります。

 

 

 

 

はじめに、現場内を一通り確認していただき、主には施設基準上の必須事項や寸法関係がクリアできているかの確認を行いました。

 

 

 

 

そして、その後は1階の会議室において書類関係の確認をしていただきます。

2か年事業であるため、前年度末の3月には中間時の検査を受けているため、主にはその後に発生した支払の関係や工事関連の記録など細かいところまで見ていただきました。

 

 

思い起こせば、このプロジェクトは約5年くらい前から携わっている事業で、補助金協議の段階で事業年度が数年遅くなったり、ここに来る途中の段階でさまざまな事で事業自体が出来なくなるような事も経験してきました。

 

 

そういう意味では苦労はしましたが実現できた事に、法人の理事長はじめ関係者の皆さんには本当に感謝です。

 

 

 

 

施設整備に対する補助金は国、県、市から出ているのですが、市の補助金が少ない地域であるため、他の市町村での整備と違って自己資金や借入金の割合が大きくなってしまい、極力建物についてはローコストで創る事が求められました。

 

 

三浦市という地域性、昔から農業や漁業に携わってきた地元の高齢者の方々が落ち着ける空間はどのようなものだろうか?

 

 

ローコストであるため、出来る限り無駄を排除し、シンプルで素朴な感じでいて何か昔ながらの生活のあたたかな雰囲気が感じ取れる空間を目指しました。

 

 

 

 

居室の出入口もこのようにシンプルなデザインとしています。

 

 

 

 

共同生活室の様子ですが、こちらの場合、海が見えるすばらしいロケーションを最大限に生かし、全ての共同生活室から海が見える配置としています。

 

 

先週は、三浦市の花火大会があったようで、この窓の正面に花火が見えたとの事でした。

 

 

 

 

天気の良い日は房総半島がくっきりと見え、東京湾に行き交う貨物船やこの時期だと海水浴場の賑わいが良く見れる場所です。

 

 

 

今回の検査を終え、職員の皆さんによって開所に向けての準備が進められており、10月の開所が楽しみとなってきました。

 

 

法人にとって、施設が出来上がり開所するまでの期間は本当に大変な時期となります。職員確保の問題や運営のシステムづくりや介護方針などさまざまな事を決めていかなければいけません。

 

 

法人にとって建物は完成したところがスタートであり、終わりではありません。

私達も末永く建物の経過を見続けていきたいと考えています。

 

 

お盆休みの家族連れがビーチに向かう姿を横目に、この日を迎えられた事が本当に良かったと感じました。

 

 

関係者の皆様ありがとうございました。

 

 

「感謝」




特別養護老人ホームの夏祭り

今年も夏祭りのシーズンが来ました。

この時期になると、私達は毎週のように特別養護老人ホームのお祭りに参加しています。(笑)

 

 

自分たちが設計担当した施設で、どのように夏祭りが行われ、地域とのかかわりが取れているかというのはとても気になるところです。

 

 

 

 

 

特別養護老人ホームにとって夏祭りは年間を通じての一大イベントで、もちろん施設の利用者の皆さんが楽しんでいただく事が前提なのですが、地域を巻き込んで高齢者施設をもっと身近に感じていただくという事も大事な要素になるのです。

 

 

地域の子ども達や高齢者、ご家族の皆さんなど多くの方とコミュニケーションができるイベントであるため、高齢者にとっても楽しみの一つです。

 

 

 

地域の踊り子をよんで盆踊りをやったり、フラダンスの団体にお願いして披露していただいたり、施設によっては打上げ花火で子ども達の喜ぶ企画としたり、まさに日本の古くからの良き文化をとおして関係をつくっていくという事です。

 

 

私は、この夏祭りは地域とのつながりのきっかけの一つだと考えています。お祭りで終わるのではなく、最終的には普段から施設によっていただける事につなげていければと思います。

 

 

 

施設が開所して年数が経過するにつれてお祭りの規模も大きくなっていきます。

まるでこの地域のお祭りのように、地域との歴史をつくり、人と人は繋がっていくのだと改めて感じます。

 

 

 

 

施設内でもこの日ばかりはお祭りモードとなっていて、利用者さんの笑顔がとても印象的です。

 

 

私達がお祭りにくるもう一つの理由は、経年変化を知る事です。

特に10年以上も経過してくると、いろいろな所で不具合が生じている場合もあります。

 

 

建材の経年変化、使い方の変化や利用者の変化、設備機器等の機能低下などさまざまな事が気になってしまいます。

 

 

でもそういう事を知ることで、さらに良い施設の提案ができると思っています。

 

 

 

 

今年もまだ数件の特別養護老人ホームに伺う予定ですが、高齢者の方々の笑顔や地域の子ども達と接する姿を見ていると、設計者としても本当に嬉しく思います。

 

 

古くからの日本の文化がこうして若い世代に引き継がれていき、自分たちが高齢者になった時に、そうした昔の記憶を思い出し、人と話したり、何かを楽しんだり、そんな夏祭りが特別養護老人ホームを拠点として実施されていく事がとても良い事で、地域の皆を明るくし、高齢者施設を少しでも身近に感じていただくことが出来ればと改めて感じました。

 




空室だらけの特別養護老人ホーム

「空室だらけの特別養護老人ホーム」・・・

PRESIDENT 7月号の中で特集が組まれています。

 

 

 

 

特別養護老人ホームの入所申込者は全国で52万人と言われているいますが、現実的には空室が目立つようになっています。

一体なぜ?

 

 

大きな要因は2つ。

一つは施設側の事情で、職員の採用が困難である事や離職が多いという事です。

 

 

特別養護老人ホームを整備したとしても、職員が集まらなかったり、集めてもすぐに離職してしまい現実的に利用者を受け入れられないという現状があります。

 

 

現在の特別養護老人ホームで3割は空きとなっているともいわれています。

 

 

そしてもう一つは利用者側の事情です。

現在は、重度の方でも有料老人ホームや在宅での介護サービスなど選択肢が増えた事がその要因です。

 

 

以前のように特別養護老人ホームでも施設をつくれば入るという状況ではありません。

さまざまなサービスや施設の中で、自身にあったサービスや選択しているという事です。

 

 

 

 

私達は、特別養護老人ホームの設計を受ける際に以前から常に言い続けている事です。

他に無い差別化したサービスや取り組みを持ち、地域の方々にも利用していただける施設を創る事です。

 

 

結果的に利用者が元気に暮らすことができる施設となり、職員についてもやりがいやモチベーションを上げるといった効果が出てくるのです。

 

 

今後は益々、利用者が施設を選ぶ時代が強くなっていきます。

地域との関連や子どもの施設を併設するなど、出来る事はさまざまで、全ては利用者のために利用者の目線に立って考える事が大切です。

 

 

介護職員の確保と共に今こそ特化した特別養護老人ホームの整備が求められているのです。




中国の高齢者福祉施設

週明けから昨日まで、中国での高齢者施設のプロジェクトの打合せのため吉林省の長春に行ってきました。

 

 

 

中国とはいえ、朝、日本を出て上海を経由して目的地に到着したのは夜で、移動にまる1日かかります。中国の国土は広く場所によっては時間がかかる場所はあります。

 

 

そして、いよいよ2日目に建設敷地の確認及び事業者との打合せが行われました。

 

 

 

 

こちらの写真は建設予定地の写真ですが、広大な開発地になんと2万所帯が暮らす共同住宅建設予定地の一角にその敷地はありました。ここに幼児施設と高齢者施設の複合施設を計画するというもの。

 

 

まさに中国での開発規模の大きさは驚くばかりです。

 

 

 

 

打合せにおいては私達の考え方を説明させていただき、事業主の皆さんから共感をいただきました。

 

 

この地域もそうですが、一般的に中国においては、高齢者施設はまだまだ少なく、古い施設しかありません。

日本でもそうだったように、親の面倒は子供が見るという考えが根強く、施設に預けるという感覚がまだまだあるとは言えません。

 

 

しかし、北京や上海のような主要都市部では、若い世代が共働きで、核家族化が進んでいるため高齢者施設等へ預けるという需要は増えてきています。

 

 

この長春においても若干のタイムラグがあるにしても同じ状況になると思っています。

 

 

 

高齢者施設と幼児施設の複合施設は大賛成です。

 

 

子ども達の元気な姿や声は高齢者施設において聞こえてくる事は本当に素晴らしく高齢者にとっても子ども達にとっても良い影響があると考えています。

 

 

中国国内においては、日本の介護保険のように施設整備の種別やベッド数、施設基準など、細かい規定は整備されていないため、比較的事業者の自由度は確保できるのではと感じます。

 

 

そうした事ができれば、施設整備の可能性は無限大です。本当に必要な高齢者目線での施設整備ができます。

 

 

 

 

 

今後、このような考えで施設整備ができれば面白いプロジェクトとなりそうです。




| 1/127PAGES | >>



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode