三浦市で進行中の特別養護老人ホーム

三浦市で進行中の特別養護老人ホームの現場に先日伺ってきました。

 

 

 

1階の事務室付近ですが、外壁のパネルが取り付き、鉄骨の耐火被覆が施工されていました。アルミサッシュの取付も進んでいて、建物の形が見えてきました。

 

 

 

 

こちらは、居住空間となるユニット内の共同生活室です。

間仕切壁の中でも、法的に防火区画となる部分の壁については立上ってきていて、居室の出入口の建具枠の取付が行われていました。

 

 

 

 

4階部分の上場ですが、上部の屋根スラブのコンクリート打設が今週末に控えており、そのための準備が進んでいます。

構造躯体のみが立上った状態で、外壁パネルの取付がこれから始まります。

 

 

4階に来るとやはり、景色が良く、三浦の風景を楽しむことができます。

昔から地元に住まわれている高齢者の方々が、そんな三浦の風景を望みながら生活ができる素晴らしい環境です。

 

 

 

 

 

それぞれのユニットの食堂からは海が見えるようになっていて、天気の良い日は房総半島がくっきりと見えます。

 

 

 

海と反対側を見るとこんな田園風景がひろがっていて、三浦の大根やさまざまな野菜が見えます。こちらも天気が良いと、畑の向こうに富士山が綺麗に見えるようになっています。

 

 

特別養護老人ホームの場合、2か年事業が一般的で、ようやく初年度の工事が終わろうとしています。来週は補助金交付前の出来高検査となっていて、検査書類の準備も平行して行われています。

 

 

それぞれの階でやっている作業が段階を追って異なっていてさまざまな工種の職人さんたちが頑張ってくれている事に感謝です。

 




3.11の記憶と教訓

「3.11」

3月11日という日は一生忘れない日となりました。

 

 

6年前の2011年3月11日午後2時46分

マグニチュード9.0 最大震度7 死者1万5893人 行方不明者2553人 住宅の全半壊40万1885戸

 

 

(NHK特集記事より)

 

 

東日本大震災から今日で6年が経過した事となります。

今日は各地で追悼行事等が開催されさまざまな形で報道もされていました。

 

 

絶対に忘れてはいけない教訓として、その記憶を風化させてはいけない、そんな想いで活躍されている方がいます。

 

 

皆さんは6年前の午後2時46分、どこにいてどんな体験をしたでしょうか?

 

 

私は、ある建物の新築工事の検査で故郷でもある和歌山県新宮市にいました。

日常生活の中で、その時に何をしていてどこにいるのか。

 

 

予期せぬ地震、その時にどこにいてどんな経験をするのかは全くわかりません。

 

 

東日本大震災で被災した方々で、避難生活を続けている人はいまでも12万3000人余り、9万人余りが仮設住宅で生活をしているという現状です。

 

 

復興再建事業も徐々に進んでいますが、さまざまな問題も出ているのが現状です。

6年という時間が経過しても、いまだに元の生活が取り戻せず苦しい生活を続けているのです。

 

 

この東日本大震災では、これまでの震災と異なる被害を受けたのは事実です。

「津波」という災害の意識は、これまでの経験や意識からは想定できない部分であったと思います。

 

 

当日のテレビ報道の映像が、本当に現実的に起きているのかと目を疑うほどの津波の被害に、おそらく日本中の方々が衝撃を受けたと思います。

 

 

津波タワーの設置や津波避難場所の指定など、沿岸地域においてはこの6年のなかで、津波対策を整備してきました。

風化させてはいけない記憶と体験をどのような形で後世に伝えていくかは今後の課題でもあると思います。

 

 

「災害は忘れたころにやってくる」とよく言われます。

全くその通りだと感じますし、その瞬間にどのような対策が取られているのかは、平穏な日々の中で意識を継続していることが大切です。

 

 

特に私たちが設計に関わっています、高齢者や障がい者といった弱者が、どのように避難しどのような安全対策ができるかは施設整備においても常に考えていかなければいけません。

 

 

絶対に忘れてはいけない記憶として、震災について考えさせられる一日となりました。

 




介護系総合情報サイトSUMICALM(スミカム)で紹介されています

先日取材を受けました、介護系総合情報サイトSUMICALM(スミカム)で、福祉施設研究所の福祉施設の設計に対する考え方が紹介されています。

 

 

有料老人ホームの検索サイトですが、介護や福祉といった分野について様々な視点からの情報を掲載しているサイトです。

 

 

今回は「介護×建築」といった視点で紹介していただいていて、全2回にわたって公開される予定です。

 

 

 

 

 

コチラ SUMICALM(スミカム)

 




災害時の福祉避難所は機能するのか

本日の毎日新聞ニュースの記事です。

 

 

 

「福祉避難所」というのは、災害時に高齢者や障がい者の方々が、避難できる施設で、東日本大震災の教訓を生かして2013年に災害対策基本法が改正されて、市町村に指定が義務付けられたものです。

 

 

熊本地震においても高齢者や障がい者がトイレ等の設備面で一般の避難所が利用できず、壊れかけた自宅や車での生活を余儀なくさたとの報道を思い出します。

 

 

今回の調査で、行政側で避難所として指定していても、市民に対して周知徹底ができていない、もしくは必要が無いといった意見があったと聞いて驚きです。

 

 

一般の避難所については、近くの行政機関や学校など広く周知されているのではと感じますが、「福祉避難所」となると確かにどこが指定されているんだろうとなります。

 

 

 

ちなみにこれは、横浜市旭区の「福祉避難所」のマップになります。

区役所のホームページで閲覧することが可能で、原則として、地域ケアプラザや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、障がい者地域活動ホーム等が指定されています。

 

 

確かにこうした施設であれば、障がい者用のトイレや各種設備が充実している事と、それぞれの専門職員がいるという事で安心できる環境です。

 

 

現実的には、入所施設の場合、現に入所されている方がいるため、外部から入れる人数は限られてしまったり、職員が対応できるのかといった問題はあると感じます。

 

 

益々高齢化が進む中で、こうした災害時への対策は考えなければいけません。

地域でも、福祉避難所への高齢者や障がい者の避難訓練があれば、地域も本人たちも意識が高まるのではと感じています。




高齢者の自立支援

「安心の子育て・介護へ」2月16日の読売新聞の記事で子育て・介護についての特集が組まれています。

 

 

 

 

読売新聞社がまとめた提言は

 

1、カギは1〜2歳児保育だ

2、安心の介護と認知症対策を

3、保育・介護の人材確保を急げ

4、働き方改革で担い手を支援

5、あらゆる資金の活用を

 

 

現在の日本は人口が減り続け、超高齢化が進んでいます。経済成長を確かなものにするためには、子育てや介護の環境を変えなければいけません。

 

 

子育て支援と介護の問題は、密接な関係にあり、どちらも充実させていかないと改善は難しいと思います。

 

 

保育の問題で言えば毎年話題にあがりますが、認可保育園に入れずに職場復帰できない状況があります。また介護の問題で言えば親の介護で介護離職しなければいけない人は年に10万人と言われています。

 

 

また昨今の晩婚化により、「ダブルケア」になる状況も増えてきており労働人口は減少傾向にあります。

 

 

こうした状況を脱却するためには、高齢者の介護については、やはり自立支援という方向に力を入れていくべきだと思っています。

 

 

高度成長期を引っ張て来た団塊の世代の高齢者たちは、様々な事を経験し多様なニーズに応えていかなければ老後の快適な生活は実現できません。

 

 

介護度が高い特別養護老人ホームにおいても出来る限り自立支援を推進していく事で介護予防につながり、結果として職員への負担は軽減していくと考えています。

 

 

 

現在の介護保険では、自立支援の成果を評価する仕組みが不十分で、要介護度が高い高齢者を介護する方が報酬は多くなる仕組みで、自立支援で介護度が軽減されると単純に施設側の報酬は減っていくという矛盾があるのです。

 

 

こうした介護報酬の制度を早急に変えていかなければ介護の質も上がらなければ高齢者の生活の質も当然あがっていきません。

 

 

介護現場で働く職員にとっても自立支援という形がモチベーションにつながり、近い将来憧れの職業となっていく事を願い、私達も自立支援につながる施設整備を提案していきたいと考えています。

 

 

夫婦共働きが当たり前の中で、子育てへの支援、介護への支援とともに働き安い職場環境を確立していく事がこれからの日本の課題といえるでしょう。




避難所での高齢者受入体制

今日は、笹野台地域ケアプラザで開催された防災研修会に参加してきました。

笹野台小学校地域防災拠点運営委員会及び笹野台地区連合自治会の主催で行われたのですが、旭区役所の職員による「避難所HUG訓練」を体験してきました。

 

 

 

この「避難所HUG訓練」というのは、大震災時にもしあなたが避難所の運営をしなければならない立場になった時に最初の段階で殺到する避難者たちをどのように誘導し、避難所で起きる出来事に対してどのように対応していくかを、10人程度のグループで考え机上にて想定するというゲームです。

 

 

H:避難所

U:運営

G:ゲーム

 

の頭文字を取ったもので英語で「抱きしめる」という意味。避難所に避難してきた方々を抱きしめるという意味も込められているそうです。

 

 

 

 

 

具体的にはこのようにして、避難者の内容や出来事が書かれたカードを順番に処理し、避難所である小学校の平面図に配置していくものです。

 

 

次から次へと避難してくる方々は、高齢者であったり、障がいをお持ちであったり、自宅が全壊してしまっていたり、小さな子供がいたり、親がいなくなった子ども達などさまざま状況の避難者がやってきます。

 

 

また、断水や下水道管の断絶によりトイレが使えなかったり、救援物資の受け入れやマスコミ等の取材対応、ボランティアの受け入れと配置などさまざまな出来事が押し寄せてきます。

 

 

確かに考えてみると実際の避難所は慌ただしく、予想もできないいろいろな出来事が起こり、地域の方々が協力し合っていかなけれえば成り立たないという事もわかります。

 

 

高齢者や障がい者、小さい子供のような弱者にどのように対応できるかはその時になってみなければわからないのかもしれません。しかし、このような机上体験を行う事で、その大変さや状況の想定が少しでもわかるのではと感じました。

 

 

 

災害に対する準備は完璧にすることは難しい事です。必要最低限の事をした上であとは現場での状況に合わせた臨機応変の対応が必要になるはずです。

 

 

はたして誰が避難所の運営に携わるのか。それは誰が想定できるでしょうか?

 

 

高齢者施設や障がい者施設においても、災害時に備えた訓練や事前準備がいかに重要であるかを改めて感じた訓練となりました。




三浦市の特別養護老人ホーム

今日は、三浦市で建設中の特別養護老人ホームの現場に行ってきました。

 

 

 

今回の建物は4階建てとなりますが、鉄骨については全て立上り、現在は床のコンクリート打設や1階からは外壁パネルの取付が始まっています。

 

 

 

3階レベルについては法的な高さ制限で一部はデッキテラスとなる予定です。

 

 

 

 

4階に上がると周辺の高い樹木も見下ろす形となり、1フロアに4箇所あるユニットの共同生活室からは海を見下ろすロケーションです。

 

 

 

 

今日は、曇りでしたが海の向こうの房総半島はくっきりと見えていました。

天気が良い日には、西側の畑の向こうに富士山を望む事ができ海と山の景色を楽しむことができます。

 

 

今日は屋上の屋根スラブのコンクリート打設を行っており、現場にはミキサー車が入れ代わり立ち代わり入ってきています。

 

 

 

建物全体のボリュームはようやく見えるようになってきましたが、まだ骨組だけといった感じです。随時外壁パネルやアルミサッシュの取付が進めば建物としての雰囲気が出てきます。

 

 

高台の素晴らしいロケーションを最大限に生かした特別養護老人ホームになると思います。




既存建物を福祉施設に有効活用

「既存建物を用途変更して福祉施設として利用できないか」

最近よく受ける相談のひとつです。

 

 

以前であれば、まずは建築基準法による検査済証はありますか?と質問し、無いと厳しいという状況でしたが、平成26年に国土交通省から「検査済証のない建築物に係る指定確認検査機関等を活用した建築基準法適合状況調査のためのガイドライン」が出てからは少し可能性が増しました。

 

 

建築基準法による建築確認や完了検査を受けていないという事は、現在では考えにくい事です。当然ですが、検査を受けて検査済証を受けなければ建物を使用する事はできません。建築基準法違反となります。

 

 

(国土交通省資料)

 

 

でも、この表を見るととても驚きます。

なんと1998年では38%しか検査を受けていないという状況なのです。

 

 

建築基準法は、最低限の基準です。特に高齢者や障がい者が使う施設においては非常時の避難や防災対策など一般の建築よりも重要視する必要があります。

 

 

こうした状況に着目し、検査を受けていなくても一定の調査を行い建物の安全を確認することができれば、用途変更や増築が可能になり、既存建物をもっと活用していこうという流れができているのです。

 

 

特に小規模の高齢者グループホームや障がい者の就労支援施設など、活用できる可能性はあると感じます。逆に面白い提案もできる場合もあると思っています。

 

 

こんな内容でお悩みの方は、是非お気軽にご相談いただければと思います。




キレるお年寄り

「キレるお年寄りにどう向き合う 増える暴言・暴力トラブル」

今日のYahooニュースの見出しです。

 

 

高齢者による暴言や暴力が増えていて駅や病院でのトラブルが急増しているとの内容です。

 

 

(2016年版「犯罪白書」より)

 

 

20年前の1995年と比較すると殺人が約2.5倍、強盗は約8倍、傷害は約9倍、そして上の表の暴行が約49倍に増えているのです。

 

 

そうした数値だけを見ても衝撃的な数ですが、確かに普段からそうした報道は多く感じます。

 

 

では何故20年前に比べてそんなにまで増加しているのでしょうか。

 

 

さまざまな要因が推測されているのですが、一つは暴言や暴行も老化現象の一つであるという事です。高齢者の人口がこれだけ増えている現状であるため比例して増加していくのです。

 

 

また、時代背景で、高度成長期を過ごしてきた団塊の世代、若いころは毎日のように残業し上司の無理な命令を義務として我慢し続けてきた「会社人間」が社会的な束縛や制約がなくなった開放感がそうした行動を引き起こしているというのも一つだと思います。

 

 

こうした高齢者を少なくするためにはどうすれば良いのでしょうか。

それは人との関わりを増やすことが大切だという事です。

 

 

人との関わりが薄れることで自己肯定感が低下し、不満や不安が溜まりやすくなると言います。

 

 

 

先日東京都江東区にある「上野さくらぎあたり」

ここでは近所の高齢者や子ども達、外部から来られる方々で賑わっていました。

 

 

昭和初期の古民家を改修して、路地や交流スペース、ビアホール、ベーカリーなど人が集まる要素を集約し多世代のコミュニケーションが生れる場所が出来ていました。

 

 

自然に落ち着ける場所、昔ながらの風景が人の心を穏やかにし、人と接することの大切さを教えてくれているようでした。

 

 

 

 

 

だから、私たちも高齢者施設や障がい者施設において、自然とコミュニケーションが生れる場所を創造し、利用者の心を安心させる事、そして生きがいのある生活ができるように提案しつづけていきたいと改めて感じました。




中国の高齢者施設

高齢者施設の整備についての相談で、中国の北京に行ってきました。

 

 

今回の訪問は、昨年日本に施設見学に来ていただいた中国の国内の基準を定める某機関からのお話しで、進行中のプロジェクトや運営している高齢者施設等を見学させていただき、これからの高齢者施設創りについての意見交換が行われました。

 

 

 

こちらの写真は北京市内で運営している高齢者施設です。

100床の施設ですが、居室はそのほとんどが2人部屋となっていて食堂は1か所の大食堂、日本で言う従来型特別養護老人ホームといった感じの施設でした。

 

 

日本の高齢者施設も同じですが、どうしても施設っぽさを感じてしまう雰囲気です。団地群の一角にある施設ですが、待機者も1000人くらいいると聞きました。

 

 

北京市の人口は約2170万人、高齢化も急速に進んでおり現実問題として高齢者向けの施設やサービスはまだまだ確立できていないようで今後、ますます必要になると考えられています。

 

 

高齢者施設の建設中の現場視察やこれからのプロジェクト現場等を訪問させていただき、事務所にお伺いさせていただきました。

 

 

 

 

中国国内の建築に関する基準等を定める国の機関で、なんと500名もの職員がいる巨大オフィスでした。

 

 

 

その中でも様々な部門があり、今回は高齢者施設を担当している部門の方々に私達の高齢者施設創りの考え方やこれからの高齢者施設の在り方などをお話しさせていただきました。

 

 

 

 

 

これは中国に限ったことでは無く日本でも同じなのですが、高齢者施設のイメージは良くありません。

どうしても、病院や施設といった雰囲気の施設がほとんどで、家庭的な生活という雰囲気とはほど遠い世界です。

 

 

私達も日本において施設創りの活動をしていますが、常に課題とするところです。

 

 

今回もお話しさせていただいたのが、施設側の管理者目線ではなく高齢者側の利用者目線で物事を考えるという事です。自分が高齢者になった時に入りたい施設を創りたい、そんな想いで施設を創っていかなければ利用者から選ばれる施設にはなりません。

 

 

そして高齢者施設のイメージはいつまで経っても変わらないものとなってしまうでしょう。

 

 

中国屋内においては、高齢者施設の基準や補助制度、運営等においての基準がまだまだ整備されていません。しかし、それ故にできる事の可能性は沢山あると思います。

 

 

今後、中国においても施設は増えていく方向となります。高齢者施設のイメージを変えていかなければ、将来的に日本と同じように介護職員の不足を招き、結果として超高齢社会に対応できない状況が生れていくように感じます。

 

 

 

中国において私たちに出来ることは沢山あると思います。

日本でも中国でも同じですが、高齢者が笑顔で過ごせる場所を追及していきたいと改めて感じました。

 




| 1/125PAGES | >>



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode