特別養護老人ホームの完了検査

昨日は、三浦市で進めてきました「特別養護老人ホーム遊楽の丘」の検査に立ち会ってきました。

 

 

工事が完了し法的な検査を全て完了して、建物が使用できる形になって引渡しとなるのですが、この検査はその後に神奈川県による補助金の検査及び施設認可のための検査となります。

 

 

 

 

はじめに、現場内を一通り確認していただき、主には施設基準上の必須事項や寸法関係がクリアできているかの確認を行いました。

 

 

 

 

そして、その後は1階の会議室において書類関係の確認をしていただきます。

2か年事業であるため、前年度末の3月には中間時の検査を受けているため、主にはその後に発生した支払の関係や工事関連の記録など細かいところまで見ていただきました。

 

 

思い起こせば、このプロジェクトは約5年くらい前から携わっている事業で、補助金協議の段階で事業年度が数年遅くなったり、ここに来る途中の段階でさまざまな事で事業自体が出来なくなるような事も経験してきました。

 

 

そういう意味では苦労はしましたが実現できた事に、法人の理事長はじめ関係者の皆さんには本当に感謝です。

 

 

 

 

施設整備に対する補助金は国、県、市から出ているのですが、市の補助金が少ない地域であるため、他の市町村での整備と違って自己資金や借入金の割合が大きくなってしまい、極力建物についてはローコストで創る事が求められました。

 

 

三浦市という地域性、昔から農業や漁業に携わってきた地元の高齢者の方々が落ち着ける空間はどのようなものだろうか?

 

 

ローコストであるため、出来る限り無駄を排除し、シンプルで素朴な感じでいて何か昔ながらの生活のあたたかな雰囲気が感じ取れる空間を目指しました。

 

 

 

 

居室の出入口もこのようにシンプルなデザインとしています。

 

 

 

 

共同生活室の様子ですが、こちらの場合、海が見えるすばらしいロケーションを最大限に生かし、全ての共同生活室から海が見える配置としています。

 

 

先週は、三浦市の花火大会があったようで、この窓の正面に花火が見えたとの事でした。

 

 

 

 

天気の良い日は房総半島がくっきりと見え、東京湾に行き交う貨物船やこの時期だと海水浴場の賑わいが良く見れる場所です。

 

 

 

今回の検査を終え、職員の皆さんによって開所に向けての準備が進められており、10月の開所が楽しみとなってきました。

 

 

法人にとって、施設が出来上がり開所するまでの期間は本当に大変な時期となります。職員確保の問題や運営のシステムづくりや介護方針などさまざまな事を決めていかなければいけません。

 

 

法人にとって建物は完成したところがスタートであり、終わりではありません。

私達も末永く建物の経過を見続けていきたいと考えています。

 

 

お盆休みの家族連れがビーチに向かう姿を横目に、この日を迎えられた事が本当に良かったと感じました。

 

 

関係者の皆様ありがとうございました。

 

 

「感謝」




特別養護老人ホームの夏祭り

今年も夏祭りのシーズンが来ました。

この時期になると、私達は毎週のように特別養護老人ホームのお祭りに参加しています。(笑)

 

 

自分たちが設計担当した施設で、どのように夏祭りが行われ、地域とのかかわりが取れているかというのはとても気になるところです。

 

 

 

 

 

特別養護老人ホームにとって夏祭りは年間を通じての一大イベントで、もちろん施設の利用者の皆さんが楽しんでいただく事が前提なのですが、地域を巻き込んで高齢者施設をもっと身近に感じていただくという事も大事な要素になるのです。

 

 

地域の子ども達や高齢者、ご家族の皆さんなど多くの方とコミュニケーションができるイベントであるため、高齢者にとっても楽しみの一つです。

 

 

 

地域の踊り子をよんで盆踊りをやったり、フラダンスの団体にお願いして披露していただいたり、施設によっては打上げ花火で子ども達の喜ぶ企画としたり、まさに日本の古くからの良き文化をとおして関係をつくっていくという事です。

 

 

私は、この夏祭りは地域とのつながりのきっかけの一つだと考えています。お祭りで終わるのではなく、最終的には普段から施設によっていただける事につなげていければと思います。

 

 

 

施設が開所して年数が経過するにつれてお祭りの規模も大きくなっていきます。

まるでこの地域のお祭りのように、地域との歴史をつくり、人と人は繋がっていくのだと改めて感じます。

 

 

 

 

施設内でもこの日ばかりはお祭りモードとなっていて、利用者さんの笑顔がとても印象的です。

 

 

私達がお祭りにくるもう一つの理由は、経年変化を知る事です。

特に10年以上も経過してくると、いろいろな所で不具合が生じている場合もあります。

 

 

建材の経年変化、使い方の変化や利用者の変化、設備機器等の機能低下などさまざまな事が気になってしまいます。

 

 

でもそういう事を知ることで、さらに良い施設の提案ができると思っています。

 

 

 

 

今年もまだ数件の特別養護老人ホームに伺う予定ですが、高齢者の方々の笑顔や地域の子ども達と接する姿を見ていると、設計者としても本当に嬉しく思います。

 

 

古くからの日本の文化がこうして若い世代に引き継がれていき、自分たちが高齢者になった時に、そうした昔の記憶を思い出し、人と話したり、何かを楽しんだり、そんな夏祭りが特別養護老人ホームを拠点として実施されていく事がとても良い事で、地域の皆を明るくし、高齢者施設を少しでも身近に感じていただくことが出来ればと改めて感じました。

 




空室だらけの特別養護老人ホーム

「空室だらけの特別養護老人ホーム」・・・

PRESIDENT 7月号の中で特集が組まれています。

 

 

 

 

特別養護老人ホームの入所申込者は全国で52万人と言われているいますが、現実的には空室が目立つようになっています。

一体なぜ?

 

 

大きな要因は2つ。

一つは施設側の事情で、職員の採用が困難である事や離職が多いという事です。

 

 

特別養護老人ホームを整備したとしても、職員が集まらなかったり、集めてもすぐに離職してしまい現実的に利用者を受け入れられないという現状があります。

 

 

現在の特別養護老人ホームで3割は空きとなっているともいわれています。

 

 

そしてもう一つは利用者側の事情です。

現在は、重度の方でも有料老人ホームや在宅での介護サービスなど選択肢が増えた事がその要因です。

 

 

以前のように特別養護老人ホームでも施設をつくれば入るという状況ではありません。

さまざまなサービスや施設の中で、自身にあったサービスや選択しているという事です。

 

 

 

 

私達は、特別養護老人ホームの設計を受ける際に以前から常に言い続けている事です。

他に無い差別化したサービスや取り組みを持ち、地域の方々にも利用していただける施設を創る事です。

 

 

結果的に利用者が元気に暮らすことができる施設となり、職員についてもやりがいやモチベーションを上げるといった効果が出てくるのです。

 

 

今後は益々、利用者が施設を選ぶ時代が強くなっていきます。

地域との関連や子どもの施設を併設するなど、出来る事はさまざまで、全ては利用者のために利用者の目線に立って考える事が大切です。

 

 

介護職員の確保と共に今こそ特化した特別養護老人ホームの整備が求められているのです。




中国の高齢者福祉施設

週明けから昨日まで、中国での高齢者施設のプロジェクトの打合せのため吉林省の長春に行ってきました。

 

 

 

中国とはいえ、朝、日本を出て上海を経由して目的地に到着したのは夜で、移動にまる1日かかります。中国の国土は広く場所によっては時間がかかる場所はあります。

 

 

そして、いよいよ2日目に建設敷地の確認及び事業者との打合せが行われました。

 

 

 

 

こちらの写真は建設予定地の写真ですが、広大な開発地になんと2万所帯が暮らす共同住宅建設予定地の一角にその敷地はありました。ここに幼児施設と高齢者施設の複合施設を計画するというもの。

 

 

まさに中国での開発規模の大きさは驚くばかりです。

 

 

 

 

打合せにおいては私達の考え方を説明させていただき、事業主の皆さんから共感をいただきました。

 

 

この地域もそうですが、一般的に中国においては、高齢者施設はまだまだ少なく、古い施設しかありません。

日本でもそうだったように、親の面倒は子供が見るという考えが根強く、施設に預けるという感覚がまだまだあるとは言えません。

 

 

しかし、北京や上海のような主要都市部では、若い世代が共働きで、核家族化が進んでいるため高齢者施設等へ預けるという需要は増えてきています。

 

 

この長春においても若干のタイムラグがあるにしても同じ状況になると思っています。

 

 

 

高齢者施設と幼児施設の複合施設は大賛成です。

 

 

子ども達の元気な姿や声は高齢者施設において聞こえてくる事は本当に素晴らしく高齢者にとっても子ども達にとっても良い影響があると考えています。

 

 

中国国内においては、日本の介護保険のように施設整備の種別やベッド数、施設基準など、細かい規定は整備されていないため、比較的事業者の自由度は確保できるのではと感じます。

 

 

そうした事ができれば、施設整備の可能性は無限大です。本当に必要な高齢者目線での施設整備ができます。

 

 

 

 

 

今後、このような考えで施設整備ができれば面白いプロジェクトとなりそうです。




障がい者施設の完成引渡し

相模原市で進めてきました障がい者就労支援施設及びグループホームの名称が「PAL ASUNARO」(ぱるあすなろ)と決定し、ようやく完成引渡しを行う事ができました。

 

 

 

 

昨年9月に工事着工をして約10ヶ月。設計からとなると1年以上の時間が経過し、何も無かったこの敷地に、街の風景の一部となる障がい者施設が完成し、正直ほっとしているところです。

 

 

先週は、金曜日に引き渡しを行いました。

 

 

 

建物の鍵や、必要な工具、重要な書類関係を説明していきます。建物は引渡しが完了するとその瞬間から鍵の管理を含めて全ては事業主のほうに移行します。

 

 

 

引渡しの日に工事において直接打合せをしてきたメンバーで記念撮影。晴れてこの日を迎えることができました。

 

 

 

事務所に戻ると担当者の中山がデスクで何やら作業をしています。

よく見るとコンセントプレートです。

 

作業所の片隅についているコンセントとスイッチのプレートが板張りの壁に白くて目立ってしまうという事で自作でコンセントプレートに突板を接着していました。(笑)

 

 

 

出来上がったのがこれです。

 

 

取り付けると、確かにこの方が合ってます。

最後の最後まで、納得のいくまで拘りを持つ事は本当に大切です。

ちょっとした事なのですが、その空間を構成するパーツはデザイン上、一つ一つが大切な要素となります。地道な作業なのかもしれませんがこうした積み重ねだと思っています。

 

 

そして、翌土曜日に完成のお祝いの会と施設の試泊を兼ねたイベントを事業主のあすなろ会の皆さんのご好意で参加させていただきました。

 

 

 

やはり、建物には家具やカーテンが入り、キッチンには家電、食卓には食事が並んだ風景が一番活き活きとして見えます。

 

 

人が使ってみて初めて建物となる訳です。

 

 

こんな機会はなかなかないのですが、自分たちが関わってきた建物で一晩過ごさせていただく事は、そうした意味でもすばらしい事だと思います。建物は使って初めて完成するのだと思います。いやむしろ建物にとってはこれがスタートであるはずです。

 

 

 

 

建設時の苦労話や建物に関する話題で会話も弾み、食事も大変おいしく頂きました。

 

 

 

 

余興では、なんと、あすなろ会のフラダンスチームが踊りを披露してくれました。職場の雰囲気と同じで皆さんとてもチームワークが良く完成度の高いパフォーマンスに驚きの連続でした。

 

 

 

 

「福祉施設はつくらない」

道路を通行する人たちから何が出来たのですか?と良く聞かれます。

障がい者施設にはとても見えない外観とその雰囲気はまさに私達が狙いとしてきた事でもあります。

 

 

まるで街のカフェやアパレルショップといった雰囲気だと良く言われています。(笑)

そういう意味では一つの狙いは達成できたのかもしれません。

 

 

 

隣接する公園で遊ぶ子ども達やゲートボールをする高齢者の方々、地域自治会の夏祭り、近所の奥様方の会話、そんな日常が違和感無く展開していき、地域に馴染む施設となり、障がい者と地域の方々との距離が一歩でも近づいてくれればと願っております。

 

 

あすなろ会の皆様、そして関係者の皆様本当にありがとうございました。

 

 

感謝

 

 




相模原の障がい者施設の各種検査

相模原市で進行中の障がい者施設の現場は、今週、各種検査が行われました。

 

 

法的な検査としては、消防法の完了検査、建築基準法の完了検査があり、その他に、事業主の検査や施工者の自主検査、設計者の事務所検査があります。

 

 

 

法的な検査は当然ですが、建築確認申請の図面との照合を行います。実際に現場で変更があれば、事前に変更届や軽微な変更の届出が必要な場合もあります。

 

 

 

特に、消防設備については、火災等の非常時に作動する設備で安全性から言うととても重要な設備で、それぞれの所在地の消防から検査員が来てくれます。

 

 

特に特殊建築物となると、カーテンやカーペット類は全てが防炎品でなければいけません。

 

そうした法的な検査に対して、施工者、設計者、事業主の検査は品質としての問題点を見ていきます。

 

 

今週末までにほぼ検査が完了し、来週の引き渡しまで、手直し工事を進める予定となっています。

 

 

 

事務所検査の後に、現場に関わるメンバーで撮影しました。

 

 

建築は、本当に様々な人たちが関わって出来上がります。最終的には事業主や利用される方が喜んでいただける施設を創るという目的は皆一致しているところです。

 

 

今回の工事についても素晴らしい方々と出会い、本当に喜んでいただける施設になったのではと思います。

 

 

 

手直し工事はまだ続きますが、引渡しまであと少しとなりました。

工事所長をはじめ、電気設備、機械設備、そして職人さんたちに感謝です。




福祉施設の備品選定

今日は、相模原市で進行中の障がい者施設の事業主といっしょに、これから施設に設置する家具の選定のためにインテリアショップに行ってきました。

 

 

 

建築にとって家具は内部空間を構成する要素としてとても重要なものです。

また、家具だけではなく、カーテンや時計、家電製品や小物など内部空間に見えてくる物は多くあります。

 

 

たとえ小さな物でも、空間の雰囲気とあった物を選定することで、空間全体としてバランスが良く居心地の良い空間となります。

色彩や素材についても内装の壁材や床材とのバランスや相性があります。

 

 

なので、備品選定は設計者が関わっていくようにしています。

 

 

 

 

今日は数件のショップを見てまわりましたが、事業主とさまざまな意見交換をしながら見ることができました。

 

 

 

インテリア選定は本当に楽しくなります。自宅にほしくなるものがいっぱいでした(笑)

 




三浦市の特別養護老人ホーム

三浦市で進行中の特別養護老人ホームの現場です。

昨年6月に着工した現場ですが、いよいよ現場の作業も終盤を向かえ、各工種の職人さんたちが入り乱れての追い込み作業が進んでいます。

 

 

 

内装については仕上工事がこれからといった感じで、間仕切り壁や天井の下地が立上り空間のボリュームは感じ取れる状況となっています。

 

 

仕上げ工事といっても、全体の床面積が5000屬らいのボーリュームのため、かなりの作業量となります。

 

 

 

しかし、ここからが本当に大切なところで、仕上材として見えてくる部分となるため、常に確認しながらとなります。

 

 

 

建具枠の納まりや見え方、見切り材の位置や見付け寸法、塗装の色分け位置など、空間の印象に直結するものばかりのため打合せも本当に細かい内容が多くなります。

 

 

 

 

 

建物の屋上には各種機械類が納められているのですが、屋上に上ると改めて素晴らしい景色に思わず立ち止まってしまいます。

 

 

 

 

今回の計画では、そんなロケーションを活かして、12ユニットある各共同生活室からは海が見えるように配置しております。

慣れ親しんだこの三浦の町で地元の風景を感じながら、ゆったりとした生活をおくっていただけるのではと考えています。

 

 

7月末の完成に向けて作業は続いていきます。現場所長をはじめ多くの職人さんたちに感謝です。




相模原の障がい者施設進行中

相模原で進行中の障がい者施設の現場は、6月の完成を前に工事が進行中です。

 

 

 

 

敷地周辺の仮囲いも撤去され、外構工事も本格的に始まっています。

 

 

この庇がかかった部分はデッキテラスとなる予定で、道路との間のフェンスや塀を無くすことで、地域の方々に身近に感じていただけるようにしています。

 

 

 

2階、3階のグループホームについては内装仕上工事が進んでいて、床フローリング張りも完了しました。

木製建具の取付や家具の取付が進んでいます。

 

 

 

廊下部分も仕上がってみると、とてもシンプルで明るいイメージとなっています。それぞれ5名の方が入所される予定となっております。

 

 

 

1階の作業所については、現在、床フローリング張りが進められていて、こちらも内装の雰囲気は見えてきています。照明器具や設備機器なども随時取付されて、細かい部分の取り合い等を調整しながらの作業となっています。

 

 

打合せでは、カーテンや備品についての内容や各種検査日程など、6月末日の完成引渡に向けて着々と進められています。

 

 

いよいよ現場も最終段階となり、完成が楽しみです。




認知症高齢者を考える

昨日は、認知症についての学びの場である、日本認知症ケア学会大会に参加のため沖縄コンベンションセンターに行ってきました。

 

 

 

行きの羽田空港は雨でしたが、那覇空港に到着すると、沖縄は比較的天候が良く、暑い夏といった感じでした。

 

 

 

 

 

沖縄コンベンションセンターの前にあるビーチはきれいな砂浜ですでに真夏といった雰囲気で海水浴を楽しんでいる方々もいました。

 

 

 

毎年、全国各地場所を変えて開催しているこの大会は、2日間に渡って認知症に関する研究の発表を行う場となっており、大学の教授だけでなく実際に施設で働く現場の方々や地域で活躍している事業者の方々の発表があり、7つの会場に分かれて実施しており、自分の聞きたいと思う講演に参加する仕組みです。

 

 

 

 

また、展示ホールでは、認知症に対する様々な取組の紹介や商品、書籍の販売や体験といったイベントとなっていて、ここでも展示者の発表が時間に分けて行われていました。

 

 

「認知症高齢者」の問題は、私達の高齢者福祉施設の設計活動においてとても重要で、最近では「認知症カフェ」などといったコミュニティー活動が増えてきているところです。

 

 

その「認知症カフェ」についても講演が行われており、様々な人の意見をうかがうことができました。

認知症の方々にカフェに来ていただき、専門職の方々に相談にのってもらったり、その場をきっかけにコミュニケーションを増やしていくことの重要性を感じました。

 

 

しかし、この「認知症カフェ」というネーミングに違和感を感じてしまいます。

一般に方々も気軽に入っていただくという形にするのであれば認知症という言葉を表に出し過ぎるのもどうかと感じてしまいます。

 

 

私はもっと高齢者施設の一角に気軽に交流ができるカフェをつくり、認知症の方も高齢者も子ども達も若者も地域の方々が常に利用できる場所が理想的だと感じています。

 

 

当然、それぞれの地域や立地条件によって空間のつくり方や認知症の方へのアプローチの仕方は違ってきますが、そのような場所を提案していければと改めて感じる事ができました。

 

 

 

 

帰りに立ち寄った「沖縄県立博物館・美術館」です。

2007年に竣工した建物ですが、少し外壁の汚れが気になりました。

 

 

 

穴空きの特徴的な外壁で囲まれた建物の内部はとても繊細な造りとなっていて、このエントランスホールはとても心地よい空間でした。

 

所要のため、今回は一日だけの参加となりましたが、認知症についての様々な話が聞け、とても有意義な学びの旅となりました。

 

 

 

 

時間がなく走り回って、沖縄を満喫することはできませんでしたが、最後の空港で沖縄そばにありつきました。(笑)




| 1/126PAGES | >>



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode