震災後の福祉施設に求められるもの

 今朝のNHKニュースで、神奈川県海老名市の市立保育所が節電勤務対応ということで、7月から9月までの3ヶ月間、日曜日も開園するとの報道がありました。






海老名市内やその周辺の企業や工場では、夏の電力不足に対応するため平日の業務を土曜日や日曜日に振り返る動きが広がっているとの事で、日曜日の保育需要が多くなったようです。



東京都や民間の大企業などでは、サマータイムを導入する動きも見え始めました。日本の社会全体がいろいろな取り組みを始めています。


会社としてサマータイムを導入したが、子供の預ける保育所の通園時間が変わらなければ、早い時間の出社は難しくなります。


そういう意味で今の節電日本に福祉施設としての対応も考えていかなければいけないのは事実かもしれません。



高齢者福祉の問題では、被災地での介護高齢者の症状悪化が問題になっているようです。震災によるストレスや環境の急激な変化などで認知症の症状が進行したり、要介護度が上がったりという状態が続いています。


避難所生活で介護を受けたくても受けられない方々もいると思います。仮設建築でも良いと思います。早急に高齢者のケアを行なう場所を提供すべきだと思います。



1人暮らしの高齢者の方々は不安を抱いている方も多いと聞きます。もし地震がおきれば1人ではなにも出来ないからです。有料老人ホームや各介護施設、高専賃などの整備もまだまだ必要になってくると思います。



コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode