認知症の方と地域の繋がり

昨日は、町田市で開催された「RUN伴まちだ」に行ってきました。

 

 

 

RUN伴とは、今まで認知症の人と接点が無かった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するというイベントで、2011年から開催されているものです。

 

 

認知症の人との出会いが無かったために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域住民も喜びや達成感を共有する事で認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人である事を実感してもらおうという趣旨があります。

 

 

 

全国各地で開催されているイベントで、達成感を味わうすばらしいイベントだと感じました。

 

 

イベントには、様々な団体がブースを構え、認知症に関する取り込みの紹介や体験などが行えるコーナーが設置され、認知症の方々と身近に触れ合えるようになっています。

 

 

あと、話題の「注文をまちがえるカフェ」も会場の一角に出店しており、この日はスターバックスコーヒーとのコラボでコーヒーとスコーンを提供していました。

 

 

 

 

コーヒーと紅茶で飲み物は3種類、スコーンは味の違いで3種類のメニュー構成で、実際に注文

してみましたが、特に間違えはありませんでした。(笑)

 

 

 

でも提供する順番を間違えそうになり、注意をしながらの作業で、ボランティアスタッフや認知症の方の中であたたかい空気感がありました。

 

 

その他にも地域住民が楽しめるミニコンサートや、サッカーJリーグの町田ゼルビアによるサッカー教室など参加できる事を意識した企画があり、来場者も一日楽しめるイベントでした。

 

 

私達は、普段認知症の方と話す事もなければ一緒に何かをする機会もありません。認知症に対するマイナスイメージを変えていくという意味ではすばらしいイベントだと感じました。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode