老人施設のイメージを効果的に変える

先週、神奈川県内の某特別養護老人ホームにお伺いしてきました。

 

 

 

既存の特別養護老人ホームの内部のイメージを変えていきたいのだが、内部の一部のリフォームでそんな事が可能ですか?

 

 

という内容です。

確かに既存の建物は建設後約20年が経過しており、写真を見てわかるように、まさに「老人施設の玄関」といったイメージです。

 

 

建物の老朽化により、内装の雰囲気が古く感じてきたり、使い勝手が違ってきたり、あるいは機能的に使えなくなってしまったりといった相談は近年多いと感じています。

 

 

建替えとなると、同じ規模の建物が建つ敷地を隣接地に準備する必要があり、整備費もかなりのコストがかかる事、また補助金の問題も含めてかなりハードルが高いのが現状です。

 

 

しかし、内装の一部改修工事であれば資金的にも、運営上への負担についても、そう大きな問題にはなりません。

 

 

 

例えば、先ほどの玄関のしつらえが、このように変わるだけでどうでしょうか?

施設に来る人を迎え入れる大切な場所であるとともに施設の顔となる部分です。施設への印象も変わってくると思います。

 

 

当然ですが、運営をしながらの改修工事となると様々な問題が出てきます。資金についても補助金が使えればよいのですが、なかなか内部のリフォームについての補助金は出しているところは少なく困っているのが現状です。

 

 

全面的なリフォームだと、やはりコストは大きくなってしまい、実現できなかったり、中途半端なリフォームになってしまったりする場合があります。

 

 

同じコストをかけるのであれば、部分的にでも徹底的に雰囲気を変えることで、その場所で過ごしたいと思っていただける場所が出来、施設内に1ヶ所でもそういう場所があることで、利用者の生活や、職員の意識にも変化が出てくるのではと考えています。

 

 

地域の方々が気軽に利用できるスペースや、職員と利用者が交流しやすい場所、ご家族と利用者が長居したくなる場所など、目的やコンセプトをはっきりとする事で、一部のリフォームでも大きな効果が生れると私達は考えています。

 

 

是非、そんなお考えがある場合はお気軽にご相談ください。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode