個性を活かす事

先日、気になっていた本を購入しました。

 

 

 

「顔ニモマケズ」

 

とてもインパクトの強いタイトルと表紙の写真です。

 

 

あなたは、「自分の外見がもっと美しかったらいいのに」と思ったことはありませんか?

世界22か国で「外見」に関するアンケート調査を行ったところ「自分の外見の美しさに満足している」と回答した人が最も少なかったのが日本だったとの事。

 

 

たしかに少なからず自分自身の外見にはどこか不満をもったり偏見をもったりしている部分は誰しもあるのではと感じます。

 

 

私はこの本に出合って初めて知ったのですが、見た目問題の解決に取り組む団体があるという事です。「NPO法人マイフェイス・マイスタイル」という団体でそれぞれの悩みを解決する事に取り組んでいるようです。

 

 

ここで紹介されている9人の物語は、それぞれが何かしらの障がいをお持ちで、それによって見た目に問題を抱えた方々のこれまでの体験や考え方、そしてそんな問題にも負けずに前を向いて生きる姿を紹介しています。

 

 

子どもの頃から、見た目が問題でいじめにあったり、じろじろと見られたりという事を乗り越え、自信がないからとか障がいがあるから家に閉じこもったりしないで、積極的に表に出ていろいろな事にチャレンジする事で道は開けていく。

 

 

こんな自分だからこそ出会えた友人や生き方を自分へのプラスとして考える事で、全く違った生き方ができるのではと考えさせられました。

 

 

私達が取り組んでいる、障がい者施設や高齢者施設の利用者とも共通する事があると感じました。

 

 

障がいを抱えている事をその人の「個性」としてとらえ、逆に健常者には出来ない事や自分の得意な部分を活かしていく事で、その人の生き方は大きく変わると思っています。

 

 

そして、そうした問題を抱え込まずに世の中に発信したり積極的に関わっていく事が大切で、健常者と障がい者の垣根を減らしていく事、というよりも健常者という枠はないという考え方が浸透していく事が重要だと思います。

 

 

私達は、建築設計という分野で、障がい者や高齢者の方々がいかに住みやすく、快適な生活が続けていけるかを常に考え、提案を続けています。それぞれの個性を皆が認め、快適な生活や充実した時間を過ごせることが求められており、今後の課題であると改めて感じました。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode