2017年の締めくくり

今年の業務は12月27日を持って終了となりました。

が、実質、残った仕事で昨日28日が自分としての仕事納めとなりました。

 

 

事務所の最終日は、毎年恒例である事務所の大掃除を社員全員で行いました。

 

 

 

 

写真のように多くの廃棄物が毎年のように出ます。どうしても設計や現場監理段階で確認したい建材やカタログが増えてしまうのが現状で、大掃除のこの日に廃棄するものが増えてしまいます。(笑)

 

 

 

今年一年を振り返れば、色々な反省点もありますが、昨年末に建設中だった建物が完成し、既に使い始めていたり、相談をいただいていた案件の設計が完了し、現場を進めていたり。

 

 

一年という時間はあっという間でもありますが、建築のプロセスを確実に次の段階に進んでいきます。

 

 

そう考えると、今設計中の物件は、今現場進行中の物件はそれぞれが次の段階へと進み、何もなかった土の上に形として現れ人が使い始めているのでしょう。

 

 

当たり前の事ですが、来年の今はどうのようになっているのか、建物を使ってくれている高齢者や障がい者の方々が快適に使ってくれているだろうか?と考えてしまいます。

 

 

建築というのは一歩一歩の積み重ねで長い時間をかけて一つの建物が完成します。それぞれ一瞬の時間がとても重要だと改めて感じます。

 

 

そして、今年も多くの方々との出会いがありました。

 

建物の依頼をしてくれる事業主。

建材の紹介をしてくれるメーカーの営業マン。

設計の審査をしてくれる民間確認機関の審査員。

設計協力をいただいている設計協力者。

工事を進めてくれる建設会社の現場所長。

現場で作業を進めている職人さん。

 

 

きりがないですが、この1年で出会った人は本当に多く、建築は完成までに本当に多くの人が係ってくれているという事です。

 

 

高齢者施設や障がい者施設に関係する方々との出会いも沢山有りました。

本当にありがたい事だと思っています。

 

 

人との出会いを大切に、今年の反省を活かし、来年もまたより良い福祉施設を生み出していければと思っています。

 

 

2017年、皆様本当にありがとうございました。

 

 

2018年は1月5日からのスタートとなります。

 

 

「感謝」




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode