世界自閉症啓発デー

今日、福祉施設研究所のメンバーは全員が青色の服を着ての出社となりました。

 

 

 

 

4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」という事で全世界の人々に自閉症を理解してもらう取組が行われています。

 

 

そして世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間とし、シンポジウムやランドマークのブルーライトアップ等の活動が行われているのです。

 

 

 

 

私達も普段から障害者施設設計の専門家として発達支援センターや障がい者の就労支援施設等のお手伝いをさせていただいている事から、こうした自閉症をはじめとする発達障害について少しでも知る事、そして理解できる事を意識し、活動のシンボルとなっている青いものを身に着けて、自閉症についての話し合いの場を設けました。

 

 

この「世界自閉症啓発デー」はとても素晴らしい取り組みだと思います。

 

 

私も普段から言い続けているのですが、いわゆる健常者は障がい者に接する機会がほとんど無いために、知識や理解も無く、認識の差が誤解を招く事が多く、お互いが遠慮しあって生きていく社会となっているのが現状です。

 

 

少しの意識を持つことでも良いのです。少し考えてみる事でも良いのです。少し調べてみる事でも良いのです。

 

 

この日をきっかけにもっともっと発達障害の事を理解できれば、お互いの溝は少なくなり、どんなに楽しい世界が生れていく事でしょう。

 

 

 

 

今日の東京タワーはブルーにライトアップされており、さまざまなイベントが開催されました。

 

 

 

 

私達、福祉施設研究所のメンバーも、もっともっと深く、自閉症や発達障害といった障害者の事を知る必要があります。知った上で、社会とのコミュニケーションや自然と交わる仕組みを建築から変えていきたいと考えています。

 

 

常に勉強ですが、常にそうした事に意識し、福祉の世界をより良いものに変えていきたいと考えています。今日は改めて考える一日となりました。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode