長崎の障害者支援施設オープニングセレモニー

JUGEMテーマ:日記・一般

 

長崎県諫早市で進めていた障害者支援施設が完成・引き渡しを終え、

オープニングセレモニーに参加してきました。

 

セレモニーでは地域の方々もたくさん参加されていてとてもいい雰囲気でした。

知的障害者支援を目的とする施設ですが地域とともにありたいという法人の要望のもと、

コンセプトを「障害者と地域をつなぐステーション」とし、障害者支援施設とは思えないような

開放的でオープンな建築となりました。

 

建物の名称も誰でもふらっと立ち寄ってもらえるようにと「LOCAL STATION FLAT」となっています。

 

類似施設や支援学校などを設計してきましたが、このプロジェクトのように打合せで法人の熱意やパワーに

圧倒されたることは少ないです。

また雑談などでも職員一人ひとりの熱意あふれる言葉も多く心に残っています。

 

法人の強い思いをなんとか実現したいと思い、たどりついた建物です。

 

 

 

セレモニーでは中庭に作られたステージで感謝状をいただきました。

 

 

 

理事長(中央)と記念撮影。

 

 

 

多目的スペースではワイワイと盛り上がっていました。

 

 

 

建物の紹介です。

用途は

放課後等デイサービス・児童発達支援・保育所等訪問支援、

生活介護、

就労継続支援事業B型、

共同生活援助、

法人オフィス

多目的スペース

と多岐にわたり、設計の難易度も高いものでした。

 

 

建物正面は多目的スペースになっており木製の戸は引き込まれてフルオープンになります。

また、屋上テラスも誰でも使えるよう開放しています。

 

 

児童発達支援、放課後等デイサービスの事業所は児童が自分で居場所を決められるよう

いくつかの小屋状のスペースがあります。

 

 

エントランスホールです。

この建物の内装の壁、床、天井は長崎県のヒノキ材を使用していて、

地域の材に囲まれて過ごせるようになっています。

職員や利用者のコミュニケーションにつながるように給湯室はあえて隠さず、

コーヒースタンドのように集まれる場としています。

 

 

設計者は場を作るところまでが仕事です。

この先は完成したこのLOCAL STATION FLATがゆるやかに時間をかけて地域になじみ、

そこにならなくてはない場所になっていくれたらいいなと思います。

 

今後が楽しみです。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode