防災に備える最も大切なもの

今日は、毎年行われている地元連合自治会での防災訓練に参加してきました。

住んでいる方々も年々高齢化してきているように感じますが、全体では300人くらいの方々が集まっての訓練となりました。

 

 

地元消防団による放水訓練。

 

 

煙の中での避難訓練

 

 

区長の挨拶でもありましたが、災害の時に自分がやれることを考える事。そして地域との助け合いがとても重要になってくるという話は、私がいつも考えている事です。

 

 

災害への備えで大切なもの。

乾電池や、非常食、簡易トイレ、乾電池、バッテリーなんかよりも最も大切なもの、それは人とのつながりだと私は思います。

 

 

もちろん、自分の身は自分で守るという意識は必要ですし、防災用品を準備し援助が来るまでの時間を過ごせるように備える事も大切です。

 

 

しかし、やはり人とのつながりは一番の備えになると思います。

 

 

高齢化が進む地域においては、遠くに住んでいるご家族よりも近くにいる他人のほうが、必ず助けになるはずです。

近所の人たちが、その人の存在を知っているだけで、助けられることもあるはずです。

 

 

 

高齢者施設や障がい者施設においても同じです。

街の中で孤立した施設にならないように、街に開き、街に溶け込んでいく施設が結果的に高齢者や障がい者のためになると思います。

 

 

そんな関係性を普段の生活の中から自然とつくられる仕組みを考え、提案することが施設のためになると、いつも考えています。

 

 

 

地域には、様々な方がいます。どんな時にどんな形で助け合う事になるかもしれません。

災害時に最も大切なもの。今一度考える必要があるのかもしれません。

 

 

自然災害の多かった2018年となりましたが、今後もいつくるかわからない地震や災害のために意識を高めるきっかけとなりました。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode