窓から見える風景

高齢者施設や障害者施設の設計において、開口部(窓)の配置はとても重要な要素だと感じています。

 

 

一つの部屋の中の窓は、部屋を明るくしたり、新鮮な空気を入れてきたり、そこから見える風景を楽しめたり、当たり前の事かもしれませんが、さまざまな要素があると思います。

 

 

なので、特に福祉施設においても、生活空間の窓の配置や大きさには気を使います。

 

 

 

先日、大阪府堺市にある特別養護老人ホームで、利用者さんの食堂からこんな景色が見えました。

 

 

綺麗なお庭に子ども達が遊びまわっている姿が見えています。

 

 

 

普通の光景かもしれませんが、特別養護老人ホームの立地条件から、こうした環境が生まれる事はそう多くはありません。

 

 

なにげない風景なのですが、高齢者にとってはとても大切な日常の風景がそこにはありました。

 

 

 

窓の反対側では、高齢者の方々がテーブルに座って集まっているように見えます。

 

 

これもよくある風景ですが、大きなTV画面からは高校野球センバツ大会が写しだされ、興味のある高齢者の方々は画面を見て楽しんでいました。

 

 

高齢者の方々が集まる場所が、子ども達が遊びまわる中庭側にあれば、より高齢者と子ども達の距離は近くなり、コミュニケーションが増えていくのだろうと感じました。

 

 

どこに窓を付けるのか、何を見せるのか、どういう関係性を付けるのか、全ては窓の位置や大きさ種別に大きく左右されてしまうという事です。

 

 

こちらの施設では、高齢者施設と保育園が同じ敷地内に存在しており、そうした素晴らしい環境をより効果的に作り出すことをテーマとして改修を行う計画です。

 

 

窓から見える何気ない風景が与えるもの。

それは、コミュニケーションを生み出し、生活のリズムを確実に変えていくのだと思います。

 

 

昔、自宅で経験した生活の風景を高齢者施設においても実現できればと考えています。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode