既存建物を活かす高齢者施設

高齢者施設や障害者施設の設計において、既存敷地内への増築を行う事への相談は多く、実際に何回かの増築を重ねながら規模を拡大したり、用途を追加したりしている施設は多くあります。

 

 

そういう状況の中で問題となるのが、違法な建築物や違法増築がある場合の増築です。

 

 

 

日経アーキテクチュア2019-5-9より

 

「違法建築物」というのは、建設の際に建築確認申請を取得せずに建築をしたもので、文字のとおり法律に違反している建築物です。

 

 

一般の人になじみのない言葉で

「既存不適格建築物」というものがあります。

これは、建設時にはその時の建築基準法に適合し建設したが、その後の法改正により現在の法律に適合していない建築物の事をいいます。

 

 

建築基準法の改正は随時行われていますので、古くなった建物は基本的にはこの「既存不適格建築物」に該当してきます。

 

 

 

建物を増築する場合や大規模の模様替え、用途変更などの際に建築確認申請の必要性が出てきますが、この段階で違法建築物が敷地内にある場合は、これを是正してから増築等の申請を行わなければいけません。

 

 

それに対して、「既存不適格建築物」についても、原則として、現在の建築基準法に適合させなければいけませんが、法律において緩和部分があり、全く不可能になるわけではありません。

 

 

「既存不適格建築物」は違法ではないため、そのような緩和条件が出てくるのですが、当然、そちらの方が増築等の可能性は増す事になります。

 

 

よくあるケースとしては、ホームセンター等で購入できる簡易な物置等の設置です。

 

 

福祉施設においては、施設建設後、保管する書類が増えてきたり、防災用品をストックする場所が欲しくなったりというケースはよくある話です。

 

 

一般にはわかりにくいのですが、壁と屋根があると建築物という扱いになるため、物置を置く場合も建築基準法の対象となってくるのです。

 

 

増築やこうした物置の問題などは、専門的な知識が必要にある事から、専門家にチェックしてもらう事をお勧めします。

 

 

今後、ますます増えていく増築や用途変更の可能性を確保する事もそうですが、それ以上に、利用者の安全安心を守るために注意しなければいけない問題だと感じています。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode