台風被害と高齢者施設

先週日本列島を横断した台風19号の被害は、被害の状況が明らかになるにつれ、大きな被害状況が伝えられ、被災地の事を思うと本当に心が痛みます。

 

 

 

今回の台風は、いままでの台風に比べ広域に及んだという事と長時間にわたって雨が降り続けたというなかで、被害が拡大してしまいました。

 

 

埼玉の高齢者施設でも水没した地域に取り残される形で、救助を待っていたという状況もありました。

 

 

各地で相次いだ河川の氾濫により、多くの地域での水害が発生しました。河川の氾濫は特に下流域で起こりやすい事と、短時間で水かさが増しているという事に被害の拡大となってしまったものと考えられます。

 

 

高齢者や障害者は、特に避難時において時間がかかると言われており、こうした大型の施設では入所者全員が避難する、あるいは2階に移動するだけでもかなりの時間がかかるのも事実だと思います。

 

 

昨今の自然災害においては、風や水、地震どの災害についても想定を超えるものが多くなってきていると感じています。

 

 

私たちは福祉施設の設計において、どのようにこうした災害に対応していくのか、考えさせられます。

 

 

 

津波被害の対策のように建設する場所の選定から防災を意識する事も求められる時代なのかもしれません。

 

 

 

避難するという事に、施設整備段階での配慮は、出来る限り動線を短くする事や複数の避難方向を確保する事など、意識さえしていれば何かしらの対応は可能です。

 

 

大きな災害から見れば、とても小さなことかもしれません、しかし、その一歩が人の命を救うこともあるという事を考え実行しておくべきだと考えます。

 

 

今出来る事。

それは、限られたことかもしれませんが、高齢者や障害者又は地域の方々を守り安心して暮らしていける場所を常に意識し、行動する事だと思います。

 

 

施設整備においても常にそういう目線で物事を考え提案していきたいと思います。

 




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode