長崎県雲仙市の障害者支援施設 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

1年前に着工した長崎県雲仙市の知的障害者支援の複合施設の引渡しを10 月末に終え、

11 月から運営がスタートしています。

 

全国的な鉄骨の高力ボルト不足・職人不足などの影響で3ヶ月ほど工事が止まりましたが、

内部の細かな手直し工事、外構工事など多少の工事は残っていますが運営スタートに間に合いほっとしています。

 

しかし今後の人手不足の影響はすぐに大きな改善は難しいと思うので、

これまでの工期+数ヶ月を見込んだ全体計画を立てる必要があり、建築物が建っていくスピードを建設業の環境から

見直す時期に来ていると感じています。

 

 

 

さて、この建物は

1階に

生活介護、訪問看護、学童

2階に

児童発達支援・放課後デイサービス、

ショートステイ

という構成です。

 

 

 

1階はアプローチの通りに面して長い長い縁側があり、

天気がいい日には日向ぼっこしながらまったり過ごしてもらえる気持ちのいい場所になっています。

 

 

 

またアプローチの道路に対して、敷地内にもともとあった井戸から水を汲み上げて使うちいさなビオトープを

設置しており公園のようでいい雰囲気です。

 

縁側は思わず腰掛けたり、ごろんとしたくなったり。

ビオトープは思わず水面を覗き込んだり、手押しポンプをギコギコしたくなったりと

障害者支援の建物ですが地域の公園のような誰でも気兼ねなく入ってこれる環境を目指しました。

輸入の石材が安いので幅をきかせる昨今ですがビオトープで使っている石は地域産です。

ビオトープを縁取る外側の丸みのある石は森山石、歩く部分の平たい石は裸足になる事も考慮して足触りのよい諫早石です。

階段に加え、スロープもあるので車椅子でも入ることができます。

 

 

 

1階の学童と2階の児童発達支援・放課後デイサービスを内部でつなぐネット遊具もあり、

子どもたちがどんな風に混じり合っていくかも楽しみのひとつです。

 


 

引渡し前には、

自分たちも手を加えてできた建物という意識と

簡単なメンテナンスならスタッフ自身でも行えるようにとの観点から

スタッフ向けのシンプルな塗装のワークショップも行っています。


 

外構まで含め完成した際はまたこちらで報告致します。

 

 

福祉施設研究所

真栄城

 




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode