東村山市 複合障害者支援施設の既存解体工事

JUGEMテーマ:日記・一般

 

福祉施設研究所の真栄城です。

 

12月も半ばを過ぎ、2019年も残すところわずかとなってきました。

福祉施設研究所で計画をお手伝いさせていただいる障害者支援施設の工事が東京都東村山市にて始まりました。

まずは既存解体し、年明けから本体の基礎工事へと進む予定で、来年の晩夏の頃の完成を予定しています。

児童発達支援(重心含む)、保育、クリニック、相談事業の複合の建物になります。

これだけの複合の事例は都内でもめずらしいのではないでしょうか。

 

 

既存解体の様子。敷地内にはコナラ、ブナなどの大きな木が茂っています。

養生シートが既存建物です。

 

 

 

全ての樹木は残せませんが、中庭に数本、高い木を残し、土地の歴史を引き継ぐ

計画としています。

 

 

東村山市はかつて武蔵野の雑木林が広がっていた地域なので雑木林が残っています。

計画地の道路向かいは国立療養所多磨全生園です。

敷地内は大きな木が生い茂っており「人権の森」構想が進められており、

2020年のオリンピックの聖火のセレブレーション会場にも選ばれています。

日本の差別、まちがった隔離政策として忘れてはならない日本の歴史のひとつです。

今回の計画とは直接の関連はありませんが、尊厳を守る、取り戻すために戦ってきた

歴史としては障害者の歴史とも重なるのではないでしょうか。

 

その歴史ある土地に隣接した地で障害者支援を行うことには大きな意味があるように思います。

 

 

多磨全生園にはとてもきれいな紅葉を見ることができます。

 

 

工事の進捗は随時アップしていきます。

 

福祉施設研究所

真栄城

 




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode