2019年の仕事納め

2019年の福祉施設研究所の活動は27日(金)をもって終了となりました。

 

 

今年も1年間の活動の中で様々な出来事がありました。

来年はオリンピックの年であることと同時に消費税の増税という事もあり、建設業界では職人不足が深刻な状態となり、人件費の高騰とともに材料の値段も上昇傾向となりました。

 

 

10年前の建設費と比較すると20%くらいは上がっているのではと感じるくらいで、そんな状況の中でも、常にプロジェクトは動いていく事になります。

 

 

高齢者施設の建設においては、各行政によって補助金が異なるため、若干、地域ごとに違いはでてきますが、特別養護老人ホームにおいては建物を新築し、介護保険収入と利用者からの負担額でその返済と運営をしていかなければいけません。

 

 

介護保険制度についても、収入は厳しく、100床ほどの大規模特別養護老人ホームにおいても経営は決して楽ではありません。

また、介護職員不足もあり、人件費が上がる事と介護の質の問題も無視できない課題だと感じます。

 

 

長崎県雲仙市で設計を進めてきた特別養護老人ホームの施工業者選定の入札が年末の26日に行われ、2回目となった入札でようやく施工者が決定しました。

 

 

補助金事業においても全国的に入札が不調となるなど、建設費の問題は今後も難しい状況が続くのではと思っています。

 

 

先日、入札が行われた長崎県雲仙市の特別養護老人ホームでの光景です。

 

 

 

こちらの施設では毎年、年末に餅つきをやっているそうです。

高齢者施設の利用者さんや、デイサービスに来る高齢者、近所の方々、など多くの方にお持ちを振る舞っているとの事。

 

 

私も昔は祖父母の実家で杵と臼でお餅つきを体験した記憶はありますが、最近ではなかなか見る事の出来ない光景です。

 

 

季節ごとにこうしたイベントは見ている高齢者や地域の子供たちにとっても良い経験になります。

まさに高齢者施設は地域と共生するという形がすばらしいと感じました。

 

 

 

27日は毎年恒例となっている事務所の大掃除を、全社員で行いました。

 

 

 

一年間、お世話になった社屋を皆で綺麗にしていきます。

 

 

 

 

大掃除の後の納会では、今年を振り返り、それぞれの反省点や来年に向けての話をし、仕事納めとなりました。

 

 

今年一年、福祉施設研究所としても、さまざまな事がありました、もちろん成功もありますが、反省もあります。

しかし、そうした経験は、積み重ねる事で必ず次に生かせると感じています。

 

 

近年では、障害者施設の実績も少しづつ増えており、日本の障害者施設も良い方向に向かっていると感じています。

 

 

高齢者施設と障害者施設に特化し、常にそのことを考え続け、実績を積み上げる事で、より利用者のため、働く職員のため、地域のために良い施設が出来上がっていくものと感じています。

 

 

 

 

 

来年もまた、皆さんと共に頑張っていきます。

2019年皆様、ありがとうございました。




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode