新型肺炎と福祉施設

連日報道されている新型肺炎コロナウイルスの感染拡大は大きな問題となっています。

 

 

本日のNHKニュースによると、感染者数は中国だけで1万4000人を超え、死者は304人となったとの事。

 

 

(NHKニュースより)

 

 

中国以外でも感染拡大が進んでおり、これまでに26の国と地域で170人の感染が報告されています。

 

 

日本においても、感染者のニュースが出たり、私たちの身近な生活では、マスクが不足していたり、電車や街中ではほとんどの人がマスクを着けている光景を見ると他人ごとではない問題です。

 

 

インフルエンザと同様にマスクの着用や外出後の手洗いうがいなどは、感染症を予防するためには効果があるようです。

 

 

この時期については、今年だけの問題ではなく、毎年のように感染症に対しては、福祉施設においてとても気を遣うところです。

 

 

インフルエンザウイルスの拡大は、高齢者や障害者といった身体的な弱者にとっては、抵抗力が低下しているため、かかりやすく、一度かかるとかなり重症になってしまう事もあります。

 

 

どこの施設に行っても、玄関の受付において、アルコール消毒とマスクの着用は必須となっています。

 

 

集まって住まう高齢者施設にとっては、利用者だけでなく職員についても一人が発症してしまうと施設内に感染する可能性が増すため、注意しなければいけません。

 

 

利用者にとっては、もし感染してしまえば命に係わる事も出てくるのです。

 

 

私たちが福祉施設の整備において、いつも検討している事は、施設内の湿度対策と個別室の配置等です。

 

 

最近では、新型特養等においては個室が標準化しているため、特別に部屋の設置をすることはありませんが、従来型の多床室の場合は余分に個室を設置したり、ユニット外の離れた場所に予備室の検討を行ったりもします。

 

 

保湿という部分については、専用の給水配管で天井に埋込型で加湿器を導入したり、大型の置型加湿器を購入して設置したりと、対策を検討してきました。

 

 

生活環境は時代とともに変化していきます。

時代とともに高齢者や障害者の方々が安心して生活できる環境も変わっていくはずです。そうした安全、安心の環境づくりを実現するために日々考え、提案していく事が私たちの役割だと思っています。

 




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode