ステイホームな日々

FUKUSHIKENの真栄城です。

まだまだステイホームな日々が続きますね。

私もこの1ヵ月ほぼ自宅でのリモートワークで仕事をしています。

 

 

この写真は昨年のこの時期沖縄へ帰省した時の写真です。

奥武島の向かいのそば屋さんにてガジュマルの木陰で沖縄をそばを食べました。

今年のGWはこどもを親兄弟に会わせるべく帰省の予定でしたが、かなわず横浜市内の自宅で過ごしていました。

 

しばらくたてばまたこの風景が見られると思い早々に帰省を自粛しました。

 

 

仕事のミーティングはもっぱらTV会議が主流になりました。

昨年まで県外(九州エリア)の担当物件が多く出張で事務所にいないことも多かったこともあり、

割とすんなりリモートワークができました。

会議はやはり直接会って顔見ながら話したほうが伝わることもあるかなと感じることもありますが、

TV会議で十分な内容のこともあり、TV会議は増えていくかと思います。

移動時間の削減は大きなメリットになります。

 

自宅だと切り替えが重要なので、朝出勤のつもりで少し散歩をして頭をクリアにしてから

作業に入る、いつも任せきりだった家事を少ししてから入るなど切り替えやスイッチングを

行いながらリモートワークしています。

 

 

 

昨年10月に生まれた長男も7ヵ月になり、ステイホームな日々で様々な変化をじっくりと

みる事ができます。世の中の子育てに参加出来ていなかった人達はいくつもの発見が

あったのではないでしょうか。

 

ずりばい、おすわりと順調に進んできましたがつい前日ハイハイをすっとばして

つかまり立ちができるようになりました。

まだまだおぼつかない足取りで、ひっくり返っては泣いていますがこの1ヵ月間は驚きと感動の日々です。

 

思わぬコロナの影響でのステイホームですが、悪いことばかりではないですね。

 

もちろん経済の回復に向けた取り組みがとても重要になりますが、

私が自宅で感じていることは社会の大きな変化の一部のような気がします。

 

FUKUSHIKEN 真栄城




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode