福祉施設の現場打合せ再開

週末に、現在建物の建替えを進めている、長崎県雲仙市の特別養護老人ホーム湯楽苑の現場に行ってきました。

 

 

4月以降は新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出ていたこともあり、現場には行けず打合せについてはビデオ会議にて進めてきました。

6月に入り、緊急事態宣言も解除され、神奈川県においても少しづつではありますが、感染者も少なくなってきた事から、感染拡大の対策を取りながら、現場に行く事にしました。

 

 

 

飛行機の状況については、便数がかなり欠航となっており、時間も早い時間や遅い時間の便が動いていないため、まだまだ本来の状態にはなりませんが、お客様も少しづつ増えているのではと思います。

 

 

マスク着用を義務付けしており、マスクをしていないお客様はゲート通過の際に注意を受け、マスクを着用していました。

 

 

 

 

2カ月もの間、現場に行けていなかった事もあり、以前来た時に比べてかなり進んでいます。

 

 

現場に行けない期間中も、常に現場の状況はメールや電話のやりとりで伝わってきていた事と、こちらの現場では、カメラを設置しており、どの場所においてもPCで現場状況をライブで確認できる事になっています。

 

 

 

 

今回の建物は高台にあるものの、建物を支える杭工事が必要な場所となっており、20mほどの鋼管杭を施工中です。

 

 

 

 

また、杭工事に平行して、外構工事や基礎配筋工事も並行して進められており、現場内は搬入された資材でいっぱいです。

 

 

 

杭工事が完了したところから、このように基礎や地中梁の鉄筋工事が進んでいます。

こちらは、コンクリート打設前に監理者の検査も必要です。

 

今回の長崎県の場合は、建築基準法による中間検査が基礎配筋時となっている事から法的にも、確認検査機関の検査を受けてからコンクリートを打設する必要があります。

 

 

現場での打合せも、極力大人数にならないように密を避けながらの打合せになるようにし、コンクリート打設前の細かい内容についての確認を行う事ができました。

 

 

ビデオ会議でも出来るところはありますが、やはり現場に来て気付く事や、細かい内容については現地での打合せも必要だと感じました。

 

 

今後もコロナの感染拡大に十分な注意をしながら、進めていければと考えています。




コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2020/06/10 1:55 PM
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode