福祉施設の建替え問題

いよいよ長かった梅雨も全国的に明け、暑い夏がやってきました。

例年と違って、子ども達の短い夏休みもようやく始まったようです。

 

 

東京都や都心部を中心にコロナの感染者が増えてきており、休日においても人込みや集まりを避けての生活が続いています。

 

 

地方での現場についても、極力大人数での打合せを避け、電話やメールで対応できるものについては、ご相談させていただきながら進めていますが、どうしても現場での確認作業は難しいところもあるのが現状です。

 

 

さて、ここ数年福祉施設の整備においては、既存建物の建替えの相談が多いように感じています。高齢者施設については、各行政においても整備が進んでおり、新設として整備する枠も少なくなっているのが現状です。

 

 

既存施設の建替えにおいて、難しい問題は、土地の問題です。

それは、高齢者施設や障害者施設の入所施設は、元々の規模が大きく敷地も大きいため、建て替えるためには、原則として既存の敷地と同等の広さの敷地を確保する事が必要になるためです。

 

 

よく相談を受けるのが、仮設を建てて既存施設を取り壊した後の既存敷地への建替えです。

確かに、出来なくはないですが、仮設建物を建てるにも、基本的には入所定員を減らすことはできないため、同じくらいの規模の仮設建物が必要であるという事です。

 

 

また、高齢者や障害者が生活する上で必要な設備は法的に定められているため、仮設建物といえども、解体して新築する期間、少なくとも1年と数カ月は、そこに住む形となります。

 

 

生活する施設ですから、もちろん冷暖房や断熱効果も一定のレベルまで上げていかなければいけませんし、非常時の対応や耐火性能なども必要になります。

 

 

仮設とはいえ本設並みの建物となりコスト的にも大きな負担となるのが現状です。

 

 

 

 

 

こちらの写真は、先日某所で相談のあった高齢者施設の候補敷地です。

 

 

どこの敷地でも、建物は同じように建てられるわけではありません。一般の住宅とは違い、建築基準法上の特殊建築物という扱いになるため、法律での縛りが厳しくなることも事実です。

 

 

その敷地に目的の建物が法律上建てられるのかという事は、敷地を購入する前に法的条件を調べた上で進めなければ大変な事になります。

 

 

敷地の購入の前に必ず、専門家に見てもらう事をお勧めしています。

 

 

建築基準法以外においても福祉関連による法律や条件等もあるため、お悩みの場合や相談があれば気軽に相談していただければと思います。

 

 

------------------------------------------------------------

キッズデザインラボ新刊書籍

「子どもが本当にほしいもの」大手書店、Amazon等で好評発売中

http://youji-no-shiro.hibinosekkei.com/?eid=1034285

------------------------------------------------------------




コメント
コメントする








   



selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode